おいしい ごはんめぐり

大阪・東京を中心としたグルメ巡り記です。

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cafe KOTO

  1. 2012.
  2. 08.
  3. 07
  4. (Tue)
  5. 01:12
Cafe KOTO(外観1)
【外観1】

Cafe KOTO(外観2)
【外観2】

Cafe KOTO(外観3)
【外観3】

Cafe KOTO(外観4)
【外観4】

Cafe KOTO(外観5)
【外観5】

Cafe KOTO(外観6)
【外観6】

Cafe KOTO(店内1)
【店内1】

Cafe KOTO(店内2)
【店内2】

Cafe KOTO(メニュー1)
【メニュー1】

Cafe KOTO(メニュー2)
【メニュー2】

Cafe KOTO(メニュー3)
【メニュー3】

Cafe KOTO(メニュー4)
【メニュー4】

Cafe KOTO(メニュー5)
【メニュー5】

Cafe KOTO(週替りランチ¥950)
【週替りランチ¥950】

Cafe KOTO(KOTOランチ¥950)
【KOTOランチ¥950】

Cafe KOTO(KOTOタルト¥530)
【KOTOタルト¥530】

Cafe KOTO(いちごのショートケーキ¥530)
【いちごのショートケーキ¥530】

HNと同じなので前から気になっていました。新幹線の京都駅構内にあるカフェです。

期待はしていませんでしたが思った通り普通の駅中喫茶店。店内奥がガラスで仕切られた喫煙、手前が禁煙となっています。

週替りランチとKOTOランチを注文しましたがほぼ同じ見た目。

週替りの方はデミソースのかかったチキンカツ、KOTOランチはハンバーグの違い。

彩りキッシュと書いてありますがどう見ても卵焼きです。

接客も雑な感じで非常に残念。「KOTOタルト」や「KOTOブレンド」と名前が気になりますが・・・再訪する気になりません。

テイクアウトで「KOTOタルト」「いちごのショートケーキ」を購入。

KOTOタルトは上層がカスタードのシブースト、下層は栗入り抹茶のブリュレ。大きくて不思議な味です。

いちごのショートケーキは普通。値段が高すぎます。

【住所】
京都府京都市下京区東塩小路高倉町8-3 JR京都駅2F 新幹線改札内
【電話番号】
075-692-2203
【営業時間】
7:00~21:00
【定休】
なし
【HP】
http://www.asty-kyoto.co.jp/kyoto/detail4.html
【食べログ】
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26016387/
スポンサーサイト

然花抄院

  1. 2012.
  2. 07.
  3. 13
  4. (Fri)
  5. 01:41
然花抄院(外観1)
【外観1】

然花抄院(外観2)
【外観2】

然花抄院(外観3)
【外観3】

然花抄院(店内)
【店内】

然花抄院(メニュー1)
【メニュー1】

然花抄院(メニュー2)
【メニュー2】

然花抄院(メニュー3)
【メニュー3】

然花抄院(メニュー4)
【メニュー4】

然花抄院(メニュー5)
【メニュー5】

然花抄院(「然の膳」然かすてら・京番茶¥945)
【「然の膳」然かすてら・京番茶¥945】

然花抄院(然かすてら小¥630(外箱))
【然かすてら小¥630(外箱)】

然花抄院(然かすてら小¥630(ホール))
【然かすてら小¥630(ホール)】

然花抄院(然かすてら小¥630(カット))
【然かすてら小¥630(カット)】

京都らしい長屋のお店で入ると左側がテイクアウト、右側がカフェとなっています。

新しいお店なのですが歴史を感じさせる外観。店内はモダンでとても綺麗です。

あちこちで紹介されている「然かすてら」を注文。

京番茶は少し時間が掛かると言われました。しかしそれほど待たずにサーブされます。

かすてらはとても小さく卵の味が濃厚。甘みは強いです。テイクアウトの「然かすてら小」の1/6カットくらいかと。

山椒味の塩昆布が付いているのでお口直しに丁度良い。

京番茶は魔法瓶のポットで出てきます。器に3杯分でゆったり過ごせます。

テイクアウトの「然かすてら小」は1人でも食べ切れそうなちょっとしたお土産にぴったりのサイズ。

渋谷に新店も出来て話題の半熟かすてら。アレルギーが無ければ誰でも喜ばれると思います。

【住所】
京都府京都市中京区室町通二条下ル蛸薬師町271-1
【電話番号】
075-241-3300
【営業時間】
10:00~19:00
【定休】

【HP】
http://zen-kashoin.com/index.php
【食べログ】
http://tabelog.com/kyoto/A2602/A260202/26013765/

三条山崎 喜與門豆腐店

  1. 2012.
  2. 07.
  3. 10
  4. (Tue)
  5. 01:03
三条山崎 喜與門豆腐店(外観)
【外観】

三条山崎 喜與門豆腐店(メニュー)
【メニュー】

三条山崎 喜與門豆腐店(豆乳とおからドーナツ(プレーン¥90・緑茶¥110))
【豆乳とおからドーナツ(プレーン¥90・緑茶¥110)】

豆乳とおからのドーナツを目指して向かいました。

商店街の中にある普通の豆腐店。「喜與門」は「きよもん」と読むそうです。

プレーン¥90・緑茶¥110・ショコラ¥110・黒豆きなこ¥110の4種類。

プレーンと緑茶とショコラを買いました・・・そう言ったつもりだったのですが帰って袋を見るとプレーンと緑茶のみ。

お豆腐も買ったので値段はよく考えていませんでしたが品物の分しか払っていなかった気がします。

ちゃんと確認すれば良かった・・・。

プレーンはさっぱりした味でとても美味しい。緑茶は想像通りのお茶味。これも美味しかったです。

油が手にベタベタと付くのが唯一のマイナスポイント。

【住所】
京都府京都市中京区三条通猪熊西入ル御供町288-2
【電話番号】
075-811-5313
【営業時間】
10:00~18:30
【定休】
日・祝
【HP】
なし
【食べログ】
http://tabelog.com/kyoto/A2602/A260203/26012803/

IL GHIOTTONE

  1. 2012.
  2. 06.
  3. 15
  4. (Fri)
  5. 00:31
IL GHIOTTONE(外観)
【外観】

IL GHIOTTONE(店内1)
【店内1】

IL GHIOTTONE(店内2)
【店内2】

IL GHIOTTONE(グリッシーニ)
【グリッシーニ】

IL GHIOTTONE(PRANZO COMPLETA.A¥3675(白魚のフリットとたくさんの山菜クレマディリーゾ のり風味))
【PRANZO COMPLETA.A¥3675(白魚のフリットとたくさんの山菜クレマディリーゾ のり風味)】

IL GHIOTTONE(PRANZO COMPLETA.A¥3675(パン・キヨエ〈オリーブオイル〉))
【PRANZO COMPLETA.A¥3675(パン・キヨエ〈オリーブオイル〉)】

IL GHIOTTONE(PRANZO COMPLETA.A¥3675(寒ブリのコンフィの炙り 大根と菜の花の軽いフリカッセ ボッタルガと黄柚子の泡))
【PRANZO COMPLETA.A¥3675(寒ブリのコンフィの炙り 大根と菜の花の軽いフリカッセ ボッタルガと黄柚子の泡)】

IL GHIOTTONE(PRANZO COMPLETA.A¥3675(とろとろに煮込んだ牛テールと九条ネギのバヴェッテーネ 七味とパルミジャーノチーズ)
【PRANZO COMPLETA.A¥3675(とろとろに煮込んだ牛テールと九条ネギのバヴェッテーネ 七味とパルミジャーノチーズ)】

IL GHIOTTONE(PRANZO COMPLETA.A¥3675(パリパリのパートで包んだやわらかい仔牛ロース いろんな春野菜と白空豆のピューレ))
【PRANZO COMPLETA.A¥3675(パリパリのパートで包んだやわらかい仔牛ロース いろんな春野菜と白空豆のピューレ)】

IL GHIOTTONE(PRANZO COMPLETA.A¥3675(ガトーショコラ・バナナアイスとキャラメリゼバナナ・ホワイトチョコアイス))
【PRANZO COMPLETA.A¥3675(ガトーショコラ・バナナアイスとキャラメリゼバナナ・ホワイトチョコアイス)】

IL GHIOTTONE(PRANZO COMPLETA.A¥3675(紅茶〈アールグレイ〉))
【PRANZO COMPLETA.A¥3675(紅茶〈アールグレイ〉)】

京都で最も予約の取れないレストランの一つ。

地図を見て行きましたが場所がわからず何度も同じところをぐるぐる。

最終的に人に聞くも外観が地味なせいかなかなかわかりませんでした。簡単に言うと五重塔の麓です。

オープン少し前から入らせて頂き、入口の席で案内を待ちます。

シンプルでとても綺麗な店内。オープンキッチンがちょうど見える席でした。


一番値段の安いPRANZO COMPLETA.Aを注文。

まず初めにグリッシーニ。サクサクとして美味しい。

パンは常温でオリーブオイルは「キヨエ」というもの。珍しくなみなみと注がれています。

今まで食べたオリーブオイルの中で一番フルーティ!たっぷり付けていただきます。

一皿目、白魚のフリットとたくさんの山菜クレマディリーゾ のり風味
のり風味のお米のスープです。周りは山菜と白魚のフリット。季節柄桜パウダーが掛かっています。春らしく優しい味でした。

二皿目、寒ブリのコンフィの炙り、大根と菜の花の軽いフリカッセ ボッタルガと黄柚子の泡
簡単に言うとブリ大根。肉厚のブリに数種の大根スライスが乗っています。
柚子風味のフワフワした泡とカラスミが散りばめられています。ボリュームのある一品。

三皿目、とろとろに煮込んだ牛テールと九条ネギのバヴェッティーネ 七味とパルミジャーノチーズ
柔らかいお肉とネギのパスタ。軽いチーズ風味で本当に美味しい。

四皿目、パリパリのパートで包んだやわらかい仔牛ロース いろんな春野菜と白空豆のピューレ
金柑と「バリロット・ブッファラ」添え
結構お腹が膨れたところに最後のメインはこれでもかとまたボリュームのある一品。
上に掛かっている水牛のチーズは少量のせいかクセも感じられずソースも美味しく大満足。

デザート、ガトーショコラ・バナナアイスとキャラメリゼバナナ・ホワイトチョコアイス生チョコも添えられていてしっかりした〆のデザート
紅茶を頼むとアールグレイでロイヤルコペンハーゲンのカップ&ソーサーが使われていました。

じっくり味わっていただいたせいかお腹の容量120%。でも全部入りました。
一品一品全て美味しくお値段以上のクオリティでした。

トイレにはよーじやのあぶらとり紙があり、とても京都らしさを感じます。

【住所】
京都府京都市東山区下河原通塔の前下ル八坂上町388-1
【電話番号】
075-532-2550
【営業時間】
12:00~14:30(LO)
18:00~21:30(LO)
【定休】

【HP】
http://www.ilghiottone.com/home.html
【食べログ】
http://tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26001006/

雨林舎

  1. 2012.
  2. 03.
  3. 24
  4. (Sat)
  5. 23:15
雨林舎(外観1)
【外観1】

雨林舎(外観2)
【外観2】

雨林舎(メニュー1)
【メニュー1】

雨林舎(メニュー2)
【メニュー2】

雨林舎(自家製カレー¥750)
【自家製カレー¥750】

雨林舎(ホットケーキW¥600・ティーソーダ¥600)
【ホットケーキW¥600・ティーソーダ¥600】

駅からの道は少しわかりにくいです。ロータリー、商業施設を越えた長屋の一つ。

雑誌に載っているホットケーキの写真が綺麗で惹かれていました。

入ってみるとカフェバーのようなしっとりした雰囲気。常連の方が沢山いらっしゃるようです。

自家製カレー、ホットケーキWとティーソーダを注文。Wとは2枚重ねということです。

カレーはメニューに記載されている通り甘めの家カレーレベル。

ホットケーキのつやつやの表面にはちょこんとバターが乗っておりシンプルな印象。

是非この表面は触って確かめて欲しいです、パリパリつるつるで気持ち良い。

小皿にはレンゲはちみつが入っており2枚の間にはバターが塗られていました。

さすがにWだとボリュームあります。味は…特に印象には残らず、普通に美味しかったです。

ティーソーダは上がレモンスライス入りのソーダ下が濃い紅茶液。

かき混ぜて飲むのですがこれが絶品。ティーソーダを供しているお店はあまり多くないのでこれは頼む価値アリ。

トースト系の軽食とドリンクがメインの喫茶。わざわざ訪れる価値は微妙かもしれません。

【住所】
京都府京都市中京区西ノ京小倉町22-12
【電話番号】
075-822-6281
【営業時間】
11:30~20:30
【定休】
月・火
【HP】
http://www.geocities.jp/urinsya/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260203/26003121/

side menu

プロフィール

lapin rio

Author:lapin rio
カフェ巡りの好きなうさぎです

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。