おいしい ごはんめぐり

大阪・東京を中心としたグルメ巡り記です。

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Picassol

  1. 2011.
  2. 02.
  3. 27
  4. (Sun)
  5. 21:58
Picassol(外観)
【外観】

Picassol(プレーンチーズケーキ¥300)
【プレーンチーズケーキ】

Picassol(サヴォア・デ・フェルメ〈マーブル〉5個入り¥380)
【サヴォア・デ・フェルメ(マーブル)5個入り¥380】

自由が丘などにもあるお菓子屋さんの本店ということで代官山の交差点にあるこちらのお店へ。

外にクッキーが並んでいたり看板もあってお菓子屋さんとわかりやすいです。

テイクアウトのみで「プレーンチーズケーキ」「サヴォア・デ・フェルメ(マーブル)」を購入。

プレーンチーズケーキはスフレタイプでふわふわ、口に入れると溶けてなくなる泡のよう。

酸味は全く無くお子様向けだと思いました。

サヴォア・デ・フェルメはザクザクした大きめのクッキー。1つでかなりボリュームがあります。

クッキー缶に入っているような味で私はイマイチでした・・・。

せっかく可愛い公式HPがあるのに更新は2008年で止まっています。勿体無い。

結構なお値段はしますが品質は良くてもこの味なら自分で買うことは無いと思います。

【住所】
東京都渋谷区恵比寿南3-7-2 ハイネス代官山1F
【電話番号】
03-3792-0432
【営業時間】
10:00~20:00
【定休】
なし
【HP】
http://www.picassol.com/#/contents=1
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130303/13019468/
スポンサーサイト

Maison Paul Bocuse

  1. 2011.
  2. 02.
  3. 17
  4. (Thu)
  5. 13:45
Maison Paul Bocuse(外観)
【外観】

Maison Paul Bocuse(看板1)
【看板1】

Maison Paul Bocuse(看板2)
【看板2】

Maison Paul Bocuse(メニュー看板1)
【メニュー看板1】

Maison Paul Bocuse(メニュー看板2)
【メニュー看板2】

Maison Paul Bocuse(リヨンのポール・ボキューズ模型)
【リヨンのポール・ボキューズ模型】

Maison Paul Bocuse(店内)
【店内】

Maison Paul Bocuse(メニュー)
【メニュー】

Maison Paul Bocuse(テーブルセット)
【テーブルセット】

Maison Paul Bocuse(MENU BOURGEOIS¥12600(食事の前の一口))
【食事の前の一口】

Maison Paul Bocuse(MENU BOURGEOIS¥12600(パン))
【MENU BOURGEOIS¥12600(パン)】

Maison Paul Bocuse()MENU BOURGEOIS¥12600(アミューズ ブーシュ 栗南瓜のスープ)
【MENU BOURGEOIS¥12600(アミューズ ブーシュ 栗南瓜のスープ)】

Maison Paul Bocuse(MENU BOURGEOIS¥12600(卵を使った煮こごり・生ハム・ルッコラ))
【MENU BOURGEOIS¥12600(卵を使った煮こごり・生ハム・ルッコラ)】

Maison Paul Bocuse(MENU BOURGEOIS¥12600(鴨フォアグラのソテー ジャガイモのゴーフレット添え))
【MENU BOURGEOIS¥12600(鴨フォアグラのソテー ジャガイモのゴーフレット添え)】

Maison Paul Bocuse(MENU BOURGEOIS¥12600(的鯛とラングスティーヌのポワレ 甲殻類のムースリーヌ 色とりどりの季節野菜と共に))
【MENU BOURGEOIS¥12600(的鯛とラングスティーヌのポワレ 甲殻類のムースリーヌ 色とりどりの季節野菜と共に)】

Maison Paul Bocuse(MENU BOURGEOIS¥12600(イトヨリのポワレ))
【MENU BOURGEOIS¥12600(イトヨリのポワレ)】

Maison Paul Bocuse(MENU BOURGEOIS¥12600(フランス産 仔鳩のロースト そのジュソースで オレンジの香る野菜のエチュベ添え))
【MENU BOURGEOIS¥12600(フランス産 仔鳩のロースト そのジュソースで オレンジの香る野菜のエチュベ添え)】

Maison Paul Bocuse(MENU BOURGEOIS¥12600(モンブランのミルフィーユ仕立て チョコレートのアイスクリーム添え))
【MENU BOURGEOIS¥12600(モンブランのミルフィーユ仕立て チョコレートのアイスクリーム添え)】

Maison Paul Bocuse(MENU BOURGEOIS¥12600(洋ナシのジュレ))
【MENU BOURGEOIS¥12600(洋ナシのジュレ)】

Maison Paul Bocuse(MENU BOURGEOIS¥12600(ハーブティー・小菓子))
【MENU BOURGEOIS¥12600(ハーブティー・小菓子)】

2010年を締めくくる贅沢としてずっと行きたかったお店に行く機会を持てました。

予約をしようとしたのですがなかなか取れず、日程が合った日はとても空いていて結果オーライ。

全てメールのやり取りだったので楽でした。苦手な食材なども事前に伝えておきました。

フランス・リヨンで三ツ星、ポール・ボキューズの日本における総本店。

入口でコートなどを預けてオープンキッチンを通り席へ案内されます。途中でリヨンのポール・ボキューズ模型に出会います。

オープンキッチンなのは良いですが、最初の案内とトイレに行く時にしか見ることが出来ないのが残念。

角の落ち着けるソファでクッションとひざ掛けも貸して頂きました。

食事前の一口はポンデケージョのようなチーズ風味のシュー。

パンは外がカリっ中はふんわり。バターは硬いので室温で柔らかくしてあったら良かったなと。

①アミューズ ブーシュ 栗南瓜のスープ

温かいスープに目の前でバニラアイスを入れて下さいます。

温かさと冷たさの温度差を楽しみます。栗とナッツが香ばしい。

②鴨フォアグラのソテー ジャガイモのゴーフレット添え
 卵を使った煮こごり・生ハム・ルッコラ

フォアグラが苦手なので変更して頂きました。しかし一口味をみてみると・・・溶けるお肉のようでとても美味しい。

さすがスペシャリテ、今までのフォアグラを覆すような全く臭みの無い逸品。メニュー変更しなければ良かったと思いました。

卵を使った煮こごりは洋風茶碗蒸しのようで優しいコンソメ味。硬めの生ハムの塩気とルッコラは相性抜群。

③的鯛とラングスティーヌのポワレ 甲殻類のムースリーヌ 色とりどりの季節野菜と共に
 イトヨリのポワレ

こちらも甲殻類が苦手なので変更して頂きました。エビ・カニの香りが強いムースだったので個人的にノーコメント。

イトヨリのポワレもこのお店のスペシャリテ。ウロコに見立てたジャガイモが貼り付けてあり

赤ワインと白ワインのソースで仕上げてあります。アンチョビの入ったパイ添え。ローズマリーも良い香り。

ソースがものすごく美味しかったです。一滴残らず絡めて頂きました。

④フランス産 仔鳩のロースト そのジュソースで オレンジの香る野菜のエチュベ添え

鳩なんて頂くのは初めてで少々臭みはありますが美味しかったです。中がレアで切るとじわっと血が滲み出ます。

フィンガーボウルも出て来たので骨付きの分は手でガブりと。柑橘ソースが爽やかにしてくれます。

⑤モンブランのミルフィーユ仕立て チョコレートのアイスクリーム添え
 洋ナシのジュレ

何故このメニューが変更されたのか全くわからない・・・パリパリの生地で作られたモンブランはコースの最後だというのに大きめ。

ビターチョコのアイスは苦味が利いて美味しい。洋ナシのジュレは美味しいけどかなり高いグラスに入っているので倒しそう。

⑥ハーブティー・小菓子

小菓子はプレートに数種盛られ「お好きなだけお取り下さい」と言われます。お腹はいっぱいなのに欲張ってしまいました。

全6品構成ですが相当の時間を掛けて食べるのでお腹がはち切れんばかりに満腹。

苦手な食材や事前に伝えておいたことはどのスタッフにも共有されていました。けど抜かれていなかったり謎の変更があったり。

料理の説明はもちろん毎回あったのですが上手く聞き取れなかったです。早口というか声が届かないというか・・・

ゆったりと美味しい料理を堪能出来て有意義な時間を過ごせました。

帰る時には支配人の方からお名刺頂いちゃいました。お値段以上の価値があったと思います。

【住所】
東京都渋谷区猿楽町17-16 代官山フォーラムB1F
【電話番号】
(TEL)03-5458-6324
(FAX)03-5458-6328
【営業時間】
12:00~15:30(LO.13:30)
18:00~23:00(LO.20:30) 
【定休】

【HP】
http://www.paulbocuse.jp/maison/index.html
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130303/13040327/

無垢里

  1. 2011.
  2. 02.
  3. 05
  4. (Sat)
  5. 13:57
無垢里(外観)
【外観】

無垢里(メニュー看板)
【メニュー看板】

無垢里(メニュー)
【メニュー】

無垢里(バナナとコーヒーのマーブルケーキ・有機ルイボスティー¥800)
【バナナとコーヒーのマーブルケーキ・有機ルイボスティー¥800】

無垢里(無垢里のこばらプレート・瀬戸内産レモンのはちみつ漬け添えペリエ¥950)
【無垢里のこばらプレート・瀬戸内産レモンのはちみつ漬け添えペリエ¥950】

メインはギャラリーでカフェも併設というお店です。入るとまず物販スペース、奥が物販とカフェになっています。

席数はもちろん多くなくおやつ時なので少し待ちました。手作りで味のある商品を見回りながら待ちます。

メニューは意外としっかり品揃えがありこばらプレートとケーキセットを注文。選ぶドリンクの値段でセットの値段も変動します。

マーブルケーキはコーヒーがほんのり香り、どっかり乗ったバニラアイスと一緒に食べると相性が良いです。

ルイボスティーは独特の味。ポットサービスでたっぷり飲むことが出来ます。

こばらプレートはカマンベールチーズマフィン・自家製ピクルス・ナッツ入りプルーンがワンプレートになっています。

このマフィンがものっすごく美味しかったです。ピクルスとプルーンも一緒に食べると更に引き立つバランスの取れたプレート。

ペリエは缶ごと出て来ます。レモンははちみつ漬けなので食べれるかと思ったのですがかじって失敗。

併設カフェだからと気を抜かずしっかりしたものが食べられるオススメのお店です。

【住所】
東京都渋谷区猿楽町20-4
【電話番号】
(TEL)03-5458-6991
(FAX)03-5458-8132
【営業時間】
11:00~19:00
【定休】
木(他夏期、冬期の休み有り)
【HP】
http://www.geocities.jp/mukuri_d/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130303/13115020/

猿楽珈琲

  1. 2011.
  2. 01.
  3. 04
  4. (Tue)
  5. 21:00
猿楽珈琲(外観1)
【外観1】

猿楽珈琲(外観2)
【外観2】

猿楽珈琲(メニュー)
【メニュー】

猿楽珈琲(自家製焼チーズケーキ¥200・ふつうの珈琲¥600)
【自家製焼チーズケーキ¥200・ふつうの珈琲¥600】

猿楽珈琲(濃厚アイス珈琲¥600・自家製レアチーズケーキ¥200)
【濃厚アイス珈琲¥600・自家製レアチーズケーキ¥200】

1Fにもコーヒーのお店がありB1のこのお店の看板を見つけるのに少し時間が掛かりました。

公式HPを見ている限り色々口うるさいお店なのかな?と思っていましたが

お店の方はそんなにうるさそうな方ではなく結構柔らかい感じでした。

飲み物はコーヒーだけしか無く、一応ミルク入りもありますがブラックが飲めない方の来店はお勧めしません。

外の喧騒からも離れて地下は薄暗くカチコチと時計の音が響いています。座席は迷路のような造り。

コーヒー店ですが禁煙で静かなので読書をするにはかなり良い環境。

提供に時間が掛かるのでお代を用意してまったり待ちます。コーヒーのお供は良心的価格なので利用しやすいです。

【住所】
東京都渋谷区猿楽町23-3 鳥居ビルB1F
【電話番号】
03-3496-8900
【営業時間】
14:00~20:00
【定休】
不定
【HP】
http://www2.ocn.ne.jp/~sarugaku/12/index.html
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130303/13007487/

side menu

プロフィール

lapin rio

Author:lapin rio
カフェ巡りの好きなうさぎです

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。