おいしい ごはんめぐり

大阪・東京を中心としたグルメ巡り記です。

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

器とcafe ひねもすのたり

  1. 2010.
  2. 08.
  3. 24
  4. (Tue)
  5. 21:58
器とcafe ひねもすのたり(入口)
【入口】

器とcafe ひねもすのたり(店内)
【店内】

器とcafe ひねもすのたり(メニュー1)
【メニュー1】

器とcafe ひねもすのたり(メニュー2)
【メニュー2】

器とcafe ひねもすのたり(おそうざいセット¥1000)
【おそうざいセット¥1000】

器とcafe ひねもすのたり(セットの抹茶ミルク・温)
【セットの抹茶ミルク・温】

「器とcafe」というのが店名に付きますので、工房+カフェという感じです。

カップやお碗が棚に飾られ店内中央部がカフェとなっています。

お昼時でしたので「おそうざいセット」を注文。ランチではなく終日注文出来るようです。

一人でされていたので結構待ちました。待つ間、飾られている器などを手にとって見てみたり・・・

お料理のクオリティはかなり高く想像以上のものでした。

お魚は骨まで食べれるくらいじっくりと焼かれ、ぬかの味がしっかり付いたキュウリのお漬け物や

鶏とタマネギのマリネなど一品一品がとても丁寧に作られ美味しかったです。

階段に続く入口は見逃してしまうほどですが是非立ち寄って頂きたいお店です。

【住所】
東京都杉並区阿佐谷北1-3-6 2F
【電話番号】
03-3330-8807
【営業時間】
11:30~19:00
【定休】
木・日
【HP】
http://ひねもすのたり.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131905/13089710/
スポンサーサイト

柳屋

  1. 2010.
  2. 08.
  3. 23
  4. (Mon)
  5. 18:44
柳屋(外観)
【外観】

柳屋(店内)
【店内】

柳屋(高級鯛焼¥140)
【高級鯛焼¥140】

東京のたい焼き御三家の一つに数えられる名店。

1916年、製あん所であん作りを習得した初代が開業したそうです。

夕方の訪問でしたが見える限り20人ほど並んでいます。よく見ると店内も折り返して20人ほど。

30分以上は待つと踏んでいたら1時間は軽く待つ誤算。

列はなかなか進まず効率が悪く思えました。

やはりお土産用に10個単位で買われる方が殆ど。

これだけ並んで5個も買わないと並んだ時間が損した気分になります。

一つ一つ分かれた焼き型で焼く天然モノ。軽やかな職人さんの姿は動画で収めてしまいました。

皮はパリパリとして餡は程よい甘さで美味しい。ススが付いているので食べる時に手が汚れるので注意。

ただ長蛇の列を作って買うほどではないかなと思いました。

【住所】
東京都中央区日本橋人形町2-11-3
【電話番号】
03-3666-9901
【営業時間】
12:30~18:00
【定休】
日・祝
【HP】
なし
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13003065/

cafe紅(もみ)

  1. 2010.
  2. 08.
  3. 23
  4. (Mon)
  5. 14:56
cafe紅(外観)
【外観】

cafe紅(店内)
【店内】

cafe紅(外のメニュー)
【外のメニュー】

cafe紅(メニュー)
【メニュー】

cafe紅(めんたいこドリア)
【めんたいこドリア¥1000】

カフェ本や雑誌でよく取り上げられていますが、行ってみるとお店の周りは特に何もありません。

本当にこんな所にあるの?という感じです。正面入口は雑貨屋さんのよう。

奥の座敷を利用するにはお店の左側、狭い路地を進んだ先にあるもう一つの入口から入ります。

ランチは固定3種と日替わり1種の、計4種用意されていました。

紅花茶が付くと書いていたのですが最初に用意される冷たいお茶がその紅花茶のようです。

小さなポットもテーブルに用意されるので、お茶が少なくなれば自分で注ぐ仕様。

ちょうど座った所はお一人様用のお庭が見える小さな席。

雑誌などの本棚が店内の中央辺りにあり、テイクアウト用の焼き菓子も少しですが並べられています。

めんたいこドリアの中には大葉が少し入っていてとても新鮮な感じでした。

小鉢も含め、おうちで真似出来るようなお料理です。

【住所】
東京都中央区日本橋小伝馬町8-5
【電話番号】
03-3664-3908
【営業時間】
11:30~20:00 (LO.19:00)(火~木)
11:30~21:00 (LO.20:00)(金)
12:00~18:00 (LO.17:00)(土)
【定休】
日・月・祝
【HP】
http://www.momicafe.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13030941/

Caffe di FESTA

  1. 2010.
  2. 08.
  3. 23
  4. (Mon)
  5. 00:55
Caffe di FESTA(マンゴーカレーライス)
【マンゴーカレーライス】

「マンゴーカレーライス」というのが気になり、2Fのレストランで頂くとお値が張るんですが

1Fのカフェなら同じものが手軽に試せるということで1Fの「Caffe di FESTA」を訪ねました。

セルフサービスですので先にカウンターで注文を済ませます。

スタッフさんはちょっとやる気なさげに感じられました。

路面に面したガラス張りの席で女性お一人様での利用が圧倒的に多かったです。

ランチタイムだったのでカレーのお値段¥700+¥100か¥150でドリンクとデザートが付いていました。

単品で良かったのに・・・目の前にあったメニューで注文してしまいました。

味は結構期待していたのですが、至って普通のカレー。何となくレトルト感がありました。

奥の方に溶け込んでいるであろうマンゴーを口の中で探ってみましたが

残念ながら私の味覚では見つけることが出来ませんでした。

【住所】
東京都中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー 千疋屋総本店 1F
【電話番号】
03-3241-0877
【営業時間】
9:00~19:00
【定休】
なし
【HP】
http://www.sembikiya.co.jp/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13000308/

beyer(バイエル)

  1. 2010.
  2. 08.
  3. 18
  4. (Wed)
  5. 02:20
bayer(外観)
【外観】

bayer(店内)
【店内】

bayer(焼きカステラ・ホットケーキ)
【焼きカステラ・ホットコーヒー】

ブックカフェとして様々な雑誌に掲載されていています。

1Fは飲み物などを注文する小さなカウンターと物販、奥には工房。

2Fはゴロゴロ寛げるスペースが広がっています。

オーダーを先に済まして2Fへ。階段を上がる前に靴を脱いでスリッパに履き替えます。

小説よりは芸術関係など少し変わった本が陳列されています。

焼きカステラとホットコーヒーを注文。

2つの内1つの一面がパリっとしてるだけで後は普通のカステラと何ら変わりなく。

オリジナルの焼印が押されているのが可愛らしい。

こういう所では時間を忘れてまったりしたいです。

特価のカゴから掘り出し物の本を見つけてちょっと得した気分。

【住所】
大阪府大阪市天王寺区玉造元町14-25
【電話番号】
06-6625-8915
【営業時間】
12:00~20:00
【定休】
火・第2・4日
【HP】
http://www.beyerbooks-pl.us/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270204/27019049/

cafeNEST

  1. 2010.
  2. 08.
  3. 18
  4. (Wed)
  5. 01:34
cafeNEST(店内)
【店内】

cafeNEST(メニュー1)
【メニュー1】

cafeNEST(メニュー2)
【メニュー2】

cafeNEST(セットのキノコのスープ)
【セットのキノコのスープ】

cafeNEST(ベーグルサンド(ロースハムとチーズ)とスープのセット¥800)
【ベーグルサンド(ロースハムとチーズ)とスープのセット¥800】

隣の「蔦屋」さんと共に気になっていたのでセットで訪問。

外観も撮ったのですがモロに自分が写っていたので非掲載。

このお店についてあまり情報が無かったのですが、唯一気になったベーグルセットを注文。

最初に出てきたスープは日替わりのもので・・・数種のキノコがたっぷり入ったもの。

個人的にキノコが苦手なのでコメントは控えます。

ベーグルは「ロースハムとチーズ」「ベーコン・レタス・トマト」の2種から選ぶことが出来ます。

ロースハムという響きに惹かれて前者を選びました。

はみ出るレタスに大粒のマスタードが特徴的。初めて食べる大粒のマスタードはプチプチ感が凄く美味しかったです。

おまけにメープルの掛かったヨーグルトが付いていました。

テイクアウト用に少し焼き菓子なども置いてあります。

残念ながら取り立てて特徴のあるお店ではありません。

【住所】
大阪府大阪市中央区内久宝寺町2-7-12
【電話番号】
06-6764-6380
【営業時間】
10:00~21:00
【定休】

【HP】
なし
【食べログ】
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270204/27003057/

そば切り 蔦屋

  1. 2010.
  2. 08.
  3. 16
  4. (Mon)
  5. 23:45
そば切り 蔦屋(外観)
【外観】

そば切り 蔦屋(店内)
【店内】

そば切り 蔦屋(メニュー)
【メニュー】

そば切り 蔦屋(そば茶)
【そば茶】

そば切り 蔦屋(鴨汁そば)
【鴨汁そば¥1200】

そば切り 蔦屋(鯖寿司)
【鯖寿司¥400】

隣にある「cafeNEST」のフライヤーに「蔦屋のとなり」とあり

「蔦屋」って何屋さん?と言うところから訪ねるきっかけとなりました。

こじんまりとした和の造り。民家かと通り過ぎてしまいそうな入口です。

真ん中に相席の大きめテーブル、あともう一つ小さめのテーブルがありました。

テーブル小物もいちいち可愛く思わずパシャリ。

場所が場所だけに通りすがりで入る人は少なく、常連さんが多い印象でした。

鴨汁そばと鯖寿司を注文。お味は言うことなしにとても美味しかったです。

独特の太麺が食べ応えがあり手作り感が伝わってきます。

大盛りの一枚半は¥350増し、二枚は¥700増しです。

残った鴨汁はそば湯を足して一滴残らず頂きました。

【住所】
大阪府大阪市中央区内久宝寺町2-7-14
【電話番号】
06-6764-7074
【営業時間】
11:30~14:30
17:30~21:00
【定休】
水・木
【HP】
なし
【食べログ】
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270204/27000642/

桂花拉麺 新宿東口駅前店

  1. 2010.
  2. 08.
  3. 16
  4. (Mon)
  5. 00:59
桂花拉麺(桂花拉麺¥700)
【桂花拉麺¥700】

新宿だけでも店舗はいくつかあり、本店は熊本にあるそうです。

カウンターだけのとても狭く小汚い感じのお店。

日本語が怪しいアジア系の方と日本人のおじさん二人がカウンター内に。

食券はありませんが注文直後に支払う先払い。

出てきたラーメンは独特の臭みがあり麺も独特の灰色麺。

ここは日本?と思うようなお味です。好みがハッキリ分かれそう。

ラーメン店では普通食べ終わったら器をカウンターに上げるのが暗黙の了解ですが

ここでは「振り向いたスタッフが器に当たりこぼれてしまうことがあるため上げないで下さい」との注意書きがあります。

【住所】
東京都新宿区新宿3-25-6
【電話番号】
03-3352-4836
【営業時間】
11:00~1:00
【定休】
なし
【HP】
http://keika-raumen.co.jp/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000871/

cafe1894

  1. 2010.
  2. 08.
  3. 16
  4. (Mon)
  5. 00:24
cafe1894(レモンタルトセット)
【レモンタルトセット】

「マネとモダンパリ展」のチケットが当選したので、そのついでに寄ってみました。

開催期間限定の「レモンタルトセット」を注文。

きちっと制服を着たスタッフさんが対応してくれます。

接客の質は可もなく不可もなく・・・という感じ。少々素っ気ない感じを受けました。

ケーキも紅茶もこれといった特徴もなく、お値段が張るのは場所のせいかと。

美術館などはゆっくり回っていると結構疲れますので、その休憩に併設カフェで休むには良いと思います。

【住所】
東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館
【電話番号】
03-3212-7156
【営業時間】
11:00~23:00(LO.22:00)(月~金)
11:00~19:00(LO.18:00)(土日祝)
【定休】
元旦・不定休
【HP】
http://mimt.jp/cafe1894/index.html
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13096426/

季の葩(ときのは)

  1. 2010.
  2. 08.
  3. 09
  4. (Mon)
  5. 01:55
季の葩(外観)
【外観】

季の葩(フリュイ・ブレンドコーヒー)
【フリュイ・ブレンドコーヒー】

世田谷通り沿いにそっと佇むお店。

最寄り駅と言える祖師ヶ谷大蔵駅からは徒歩20分ほど掛かります。

パイシューが人気でこの日は平日でしたが夕方に差し掛かる時間にはもう売切れでした。

入って正面にはケーキ屋さんらしいショーケース。

右手にはクッキーなど広めの物販スペースがあり、左手には気持ち程度のイートインスペースがあります。

フルーツが乗ってパイ生地の中にバナナとカスタードの入った「フリュイ」とコーヒーを注文。

甘過ぎずにとても美味しいケーキでした。

コーヒーはこだわりは感じられない至って普通のもの。

物販が充実してるのでお土産を探すには丁度良いお店です。

【住所】
東京都世田谷区砧1-13-3
【電話番号】
03-3415-9098
【営業時間】
9:00~21:00
【定休】
元旦
【HP】
http://www.kanto-cake.com/tokyo/tokinoha/index.html
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131814/13013073/

side menu

プロフィール

lapin rio

Author:lapin rio
カフェ巡りの好きなうさぎです

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。