おいしい ごはんめぐり

大阪・東京を中心としたグルメ巡り記です。

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぼうる2

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 31
  4. (Thu)
  5. 17:35
さぼうる2(外観)
【外観】

さぼうる2(メニュー看板)
【メニュー看板】

さぼうる2(メニュー1)
【メニュー1】

さぼうる2(メニュー2)
【メニュー2】

さぼうる2(ナポリタン(サラダ付)¥650)
【ナポリタン(サラダ付)¥650】

さぼうる2(ナポリタンアップ)
【ナポリタンアップ】

ここへ来たら言わずもがなナポリタン。訪問時もほとんどの方が注文されていました。

ドリンクを付けなければ¥650で頂けます。狭い一人席に通され注文、愛想は全くありません。

垣間見えるキッチンを眺めながら待ちます。出て来たのは普段ケーキ皿に使われる小さめのお皿にうず高く盛られたナポリタン。

大盛りは一回り大きめのお皿に同じくうず高く盛られているようです。

フレンチドレッシングの掛かったサラダが気持ちばかりとセットになっています。

出される調味料は粉チーズ・タバスコ・塩。アルデンテとは程遠い柔らかい麺に赤いハム・玉ねぎ・マッシュルーム・微かにピーマン。

具はとても少なくほとんど麺です。半分を超え、3分の2を食べてから先は単調な味との闘い。

調味料を施しても完全に飽きてきます。物凄くお腹を空かせて挑戦することをお奨めします。

【住所】
東京都千代田区神田神保町1-11
【電話番号】
03-3291-8405
【営業時間】
8:30~23:00
【定休】

【HP】
なし
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13011604/
スポンサーサイト

松翁

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 30
  4. (Wed)
  5. 17:24
松翁(外観)
【外観】

松翁(店内1)
【店内1】

松翁(店内2)
【店内2】

松翁(メニュー1)
【メニュー1】

松翁(メニュー2)
【メニュー2】

松翁(メニュー3)
【メニュー3】

松翁(メニュー4)
【メニュー4】

松翁(メニュー5)
【メニュー5】

松翁(メニュー6)
【メニュー6】

松翁(二色もり(並そば・挽茶切り)¥1050)
【二色もり(並そば・挽茶切り)¥1050】

松翁(そば湯)
【そば湯】

神保町界隈では有名なおそば屋さんのようで御茶ノ水駅から向かいました。

大学と小さい会社に囲まれた場所にあり、見つけるのが困難でした。メニュー看板もなく通りすがりではとても入りにくい外観。

入ってみるとよくある街のそば屋という感じです。店内右奥の壁に日替わりのそばメニューが書いてあります。

並そばと日替わりそばの二色もりを注文。訪れた日の日替わりは挽茶切りでしたが他にも多々種類はあるようです。

つゆは濃口・淡口から選べて原料の醤油の違いだそうです。濃口を選びました。

そばは歯応えがあり挽茶の方はつゆに浸けてもお茶の味がしっかりと残ります。そば湯は重い鉄瓶に入ってどろどろとしています。

近くの会社の方がぽろぽろと来る感じで決して混み合うことはありませんでした。

少し高いですが穴場といえば穴場かもしれません。

【住所】
東京都千代田区猿楽町2-1-7
【電話番号】
(TEL)03-3291-3529
(FAX)03-3291-3250
【営業時間】
11:30~15:30
17:00~20:00
11:30~16:00(土)
【定休】
日・祝
【HP】
http://tcn-catv.easymyweb.jp/member/matsuou/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000604/

竹葉亭

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 29
  4. (Tue)
  5. 00:52
竹葉亭(外観1)
【外観1】

竹葉亭(外観2)
【外観2】

竹葉亭(メニュー)
【メニュー】

竹葉亭(店内)
【店内】

竹葉亭(鰻お丼(B)¥2625)
【鰻お丼(B)¥2625】

地図を見ながら行きましたが微妙に迷いました。似た感じのお店があり間違えそうに。

うなぎ蒲焼が有名な竹葉亭の木挽町本店です。

左側の入口がコースや会席などの予約の方が入れる座敷、右側の入口が予約なしで入れる椅子席。

丼もの狙いだったので予約なしの椅子席へ。平日11:30オープン直前に入ったのですが既に先客あり。

よくあるそば屋のテーブル席という感じで5組ほどしか入れずすぐ満席に。

鯛茶漬けを推しているようでかなり悩みましたがそれは次回のお楽しみとして、鰻お丼(B)を注文。

厚くふっくらした鰻が2尾乗ってタレはさほど多くなく鰻からご飯に染みている感じ。とても美味しいです。

漬け物3種には軽くお醤油が掛かっています。お味噌汁の具はカイワレとアサリ。見た目は普通ですが赤出汁のようなお味です。

山椒は本当に少量でよく効きます。掛け過ぎるとしびれるので要注意。

和服の女性がよく店内を見回りお茶のサービスを欠かしませんでした。

客層はほとんどがスーツのおじさま。タクシーかお付きの車で帰られる方が多かったです。

お会計は席から1ドア外の専用窓口で。決まり文句のように領収書が要るかを聞かれます。立地上そういうものなのでしょうね。

今度はきっと鯛茶漬けを・・・と心に決めています。贅沢品なのでまだまだ先になりそうですが。

【住所】
東京都中央区銀座8-14-7
【電話番号】
(TEL)03-3542-0789
(FAX)03-3542-0788
【営業時間】
11:30~14:30
16:30~20:00(LO.20:00)
【定休】
日・祝
【HP】
http://www.unagi-chikuyoutei.co.jp/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13002338/

シロクマカレー

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 26
  4. (Sat)
  5. 23:54
シロクマカレー(外観)
【外観】

シロクマカレー(メニュー)
【メニュー】

シロクマカレー(カレー・デリシャス)
【カレー・デリシャス】

シロクマカレー(チキンカレー(カキフライ)¥500)
【チキンカレー(カキフライ)¥500】

シロクマカレー(ビーフカレー(シロクマ餃子)¥600)
【ビーフカレー(シロクマ餃子)¥600】

以前ラーメン店があった場所がカレー屋さんに変わっていました。2011年1月15日オープンしたようです。

トッピング無料のクーポンを持って出向きました。カウンター7席のみで更に圧迫感を感じる狭い店内。

チキンカレーのカキフライトッピングとビーフカレーのシロクマ餃子トッピングを注文。

オープンキッチンの距離が近いので店員さんの会話は丸聞こえで調理風景もそのまま見て取れます。

チキンカレーはスパイシーで少し辛め、カキフライはしっかり中まで熱々でした。

ビーフカレーはほとんど辛さを感じずカレー味のシチューという感じでした。

ビーフはゴロゴロ沢山入っていて良いのですが、縁に黄色い油が浮いているのが多少気になります。

ご飯の量はしっかりあってボリュームには問題なし。

カレー・デリシャスは辛味オイルのこと。美味しいかどうかはよくわかりませんが確かに辛味は増します。

甘いお漬け物と謎の白い酸味あるお漬け物がカウンター上に置いてありました。個人的にらっきょう希望です。

お値段がかなりお手頃ですし駅もすぐなのでとても利用しやすいと思います。

【住所】
東京都世田谷区太子堂4-22-15 第13ビル1F
【電話番号】
03-5486-1177
【営業時間】
11:00~23:00(LO.22:45)
【定休】
なし
【HP】
http://www.shirokuma-curry.jp/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13121263/

Cafe Obscure

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 26
  4. (Sat)
  5. 01:50
Cafe Obscure(外観)
【外観】

Cafe Obscure(看板1)
【看板1】

Cafe Obscure(看板2)
【看板2】

Cafe Obscure(看板3)
【看板3】

Cafe Obscure(メニュー1)
【メニュー1】

Cafe Obscure(メニュー2)
【メニュー2】

Cafe Obscure(メニュー3)
【メニュー3】

Cafe Obscure(メニュー4)
【メニュー4】

Cafe Obscure(アボカドサーモンプレート・ブレンド(fruit)¥950)
【アボカドサーモンプレート・ブレンド(fruit)¥950】

三軒茶屋から商店街を抜けた先の住宅街にひっそりと佇む珈琲店。シックでお洒落なお店です。

窓際の一人席に着きました。ひざかけもあり、店内は禁煙なので思う存分寛げます。

ランチタイムに間に合ったのでアボカドサーモンプレートを注文。ドリンクはブレンドのfruitを選びました。

先にサーブされたコーヒーはカップになみなみと注がれ、苦味と酸味の良いバランス。

プレートはまずボリュームに圧倒されました。雑穀入りと思われるパンのサンドとサイドにレタスとポテトサラダ。

塩気のあるサーモンにアボカドが主張せずマッチ。和風わさびソースとありますがわさびの辛さもなく食べやすかったです。

最初の印象とは裏腹にぺろっと平らげてしまいました。

接客はさらりとしてクセがない、かといって冷たい印象もありません。お客さんと一定距離が保たれているようです。

家ではない場所で一人になりたい時、ここでコーヒーを飲んで過ごすのも良いかもしれません。

【住所】
東京都世田谷区三軒茶屋1-9-16
【電話番号】
(TEL&FAX)03-3795-6027
【営業時間】
11:00~23:00
【定休】
第3水
【HP】
http://www.cafe-obscura.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13088823/

Plaisir

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 25
  4. (Fri)
  5. 15:53
Plaisir(外観)
【外観】

Plaisir(メニュー)
【ドリンクメニュー】

Plaisir(モンブラン・エスプレッソマキアート¥880)
【モンブラン・エスプレッソマキアート¥880】

Plaisir(モンブラン中身)
【モンブラン中身】

Plaisir(フィナンシェサービス)
【フィナンシェサービス】

Plaisir(オーバルドゥポワール¥470)
【オーバルドゥポワール¥470】

Plaisir(オーバルドゥポワールアップ)
【オーバルドゥポワールアップ】

Plaisir(オーバルドゥポワール断面)
【オーバルドゥポワール断面】

Plaisir(ガトーフランボワーズ¥500)
【ガトーフランボワーズ¥500】

Plaisir(ガトーフランボワーズアップ)
【ガトーフランボワーズアップ】

Plaisir(ガトーフランボワーズ断面)
【ガトーフランボワーズ断面】

人通りの少ない道路に面した一瞬外観ではわかりにくいケーキ屋さん。一見では少し入りにくいです。

看板がはっきり出ていないので思わず通り過ぎそうになりました。

ドアを開け階段で半地下に降りるとショーケースと2名×5のテーブル席。間隔が広く取られているので広々として見えます。

悩んだ末にモンブラン¥480とエスプレッソマキアート¥400を注文。ケーキとドリンクをセットにすると¥50引きになります。

出された紙おしぼりはパサパサ、カトラリーの籠はひん曲がっていました・・・。

モンブランはメレンゲのサクサクした土台に生クリーム、その上にはモンブラン特有の編目。

軽い甘さで物凄く美味しい。今まで食べたモンブランの中で一番美味しいと思います。

エスプレッソマキアートは良い苦さで美味しかったです。

程なくしてフィナンシェを半分、サービスで持ってきてくださいました。これもなかなか美味。

次回はパルファンとクロワッサンが狙い目。でもまたモンブランに惹かれてしまいそうです。

【追記】2011.12

クリスマスのケーキを買いに行きましたが残りのケーキはわずか。

「オーバルドゥポワール」「ガトーフランボワーズ」を購入。

オーバルドゥポワールはとても明るい黄色ですがレモンではなく洋梨。本体はぷにぷにと柔らかい食感でほんのり甘い。

上に乗ったマカロンはサクサクして香ばしく美味しかったです。

ガトーフランボワーズは上の絞りが意外と硬いクリームでビックリ。ケーキ自体も硬め。

フランボワーズの甘酸っぱさが小さいケーキにギュっと濃縮されています。

【住所】
東京都世田谷区代沢4-7-3
【電話番号】
03-6431-0350
【営業時間】
10:00~20:00
【定休】
月(祝日の場合火)
【HP】
http://ameblo.jp/plaisir-daizawa
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13045491/

つきたておにぎり 月うさぎ

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 25
  4. (Fri)
  5. 02:35
つきたておにぎり月うさぎ(外観)
【外観】

つきたておにぎり月うさぎ(メニュー看板1)
【メニュー看板1】

つきたておにぎり月うさぎ(メニュー看板2)
【メニュー看板2】

つきたておにぎり月うさぎ(店内)
【店内】

つきたておにぎり月うさぎ(LUNCH SET(お惣菜2品+おにぎり2個)¥722)
【LUNCH SET(お惣菜2品+おにぎり2個)¥722】

食べログにお店の登録が無かったので申請を出したのですが、私が書くまでに2人の方に先を越されてしまいました。

亀屋萬年堂本店のすぐ近く、可愛い看板に惹かれて店内へ。カウンター4席だけの小さな小さなお店です。

ランチの時間だったのでお惣菜2品+おにぎり2個のセットを注文。最初にそば茶を出してくれます。

入口に並んでいる4種のお惣菜から2つ、10種ほどのおにぎりから2つ選びます。おにぎりは白米か玄米を選択可。

お惣菜は厚焼き卵と豚のネギペッパー炒め、おにぎりは両方玄米で白干梅と大葉すじこ(+¥42)にしました。

その場でにぎってくださるおにぎりをカウンター越しに眺めながら待ちます。

お惣菜は家で作るクオリティ。普通に美味しいです、量は物足りないかも。

おにぎりのの海苔は別添えでパリパリ。白干梅はとてもすっぱく、大葉すじこは塩辛さが美味しかったです。

女性の軽食向きの可愛いお店です。テイクアウト利用が良いかもしれません。

【住所】
東京都目黒区自由が丘1-24-6
【電話番号】
(TEL)03-6421-3411
(FAX)03-6421-3412
【営業時間】
8:00~18:00
9:00~18:00(土・日)
【定休】

【HP】
http://www.jiyugaoka.or.jp/shop_detail.php?sh_pk=1712
http://tsukiusagionigiri.blog136.fc2.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13121762/

BAKE SHOP

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 24
  4. (Thu)
  5. 20:34
BAKE SHOP(外観)
【外観】

BAKE SHOP(看板)
【看板】

BAKE SHOP(卓上シュガー)
【卓上シュガー】

BAKE SHOP(メニュー1)
【メニュー1】

BAKE SHOP(メニュー2)
【メニュー2】

BAKE SHOP(メニュー3)
【メニュー3】

BAKE SHOP(メニュー4)
【メニュー4】

BAKE SHOP(オニオングラタンスープ&ブレッド¥950)
【オニオングラタンスープ&ブレッド¥950】

BREAKFASTが16:30までやっているちょっと変わったお店です。

公式サイトのメニューは値段が更新されていないので参考になりません・・・。

エレベーターもあるようですが気付かずに階段で3Fへ。

オープン間もない店内は幼稚園や学校へ子供を送り出した後のママさんたちの巣窟でした。

数多いメニューからオニオングラタンスープ&ブレッドを注文。平日なのでドリンク付きです。

ココット鍋にチーズの塗られたバゲットが1枚入った熱々のスープと別添えのバゲットが5枚。紅茶は蓋付きマグに入っていました。

オニオンがとろとろとしていて味は濃いめです。もう少し薄めの方が飲みやすいと思いました。

バゲットはとても酸味が強くスープに入れても酸味は増すばかり。ちょっと苦手かも。

そしてセットの紅茶は・・・ただのお湯。茶色のマグなので水色ははっきり見えないのですが口に含んで鼻に通しても風味ゼロ。

紅茶専門店以外の紅茶には期待していませんが、ここまで無味なのも珍しいです。

場所のせいか全体的にお値段は高めです。機会があればパンなどのテイクアウトを試してみたいです。

【住所】
東京都目黒区自由が丘2-16-29
【電話番号】
03-3723-2040
【営業時間】
10:30~22:30
9:30~22:30(土・日・祝)
【定休】
不定
【HP】
http://www.bakeshop.jp/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13102293/

ciffon cakes fuwari

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 24
  4. (Thu)
  5. 01:50
ciffon cakes fuwari(外観)
【外観】

ciffon cakes fuwari(メニュー看板)
【メニュー看板】

ciffon cakes fuwari(物販コーナー)
【物販コーナー】

ciffon cakes fuwari(ショーケース1)
【ショーケース1】

ciffon cakes fuwari(ショーケース2)
【ショーケース2】

ciffon cakes fuwari(メニュー)
【メニュー】

ciffon cakes fuwari(プレーンシフォン¥380・エスプレッソマキアート¥280)
【プレーンシフォン¥380・エスプレッソマキアート¥280】

近くで約束があり時間潰しに利用させて頂きました。席は2名×4の小さいお店。

先に会計をして席で待ちます。オリジナル食器など物販が豊富。お店の方は可愛らしくてにこやかでした。

プレーンシフォンとエスプレッソマキアートを注文。ノーゲストでしたが結構時間が掛かりました。

シフォンケーキはほんっとうにふわふわで、食べ進めて気付いたのですが「fuwari」と背に焼印が入っています。

生クリームは甘くないので美味しく頂けました。小さな小さなカットバナナが添えられています。

エスプレッソマキアートはふんわりした泡が乗った美味しいエスプレッソでした。

食べている途中でお店の方が扉を閉めて奥に引きこもってしまい誰も居ない静かな店内・・・

お店を出る時どうしようかと思いましたがドアを開けると気付いて下さいました。

しかし完全に出るとまた奥の部屋へ・・・商品を出し終えたら用は無いという感じで寂しく感じました。

【住所】
東京都目黒区東が丘2-11-15
【電話番号】
(TEL)03-6276-2110
(FAX)03-6276-2112
【営業時間】
10:00~20:00
【定休】

【HP】
http://www.chiffon-fuwari.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13042866/

屋台屋

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 23
  4. (Wed)
  5. 22:31
屋台屋(外観)
【外観】

屋台屋(営業時間)
【営業時間】

屋台屋(メニュー1)
【メニュー1】

屋台屋(メニュー2)
【メニュー2】

屋台屋(メニュー3)
【メニュー3】

屋台屋(メニュー4)
【メニュー4】

屋台屋(Bセット¥880)
【Bセット¥880】

平日のランチタイムに伺いましたがノーゲスト。あまり良い立地では無いので仕方ないのかもしれません。

カウンターに加えテーブル席もいくつかあるのでファミリーでも利用出来そうです。

テーブルの下には世田谷のリサイクルペーパーで作られた「世田谷ティッシュ」が置いてあります。

食券は無く口頭で注文、お冷はセルフサービスでジャスミンティーを選ぶことも出来ます。

とんみん・ギョーザ・ライス・サラダ・お新香がセットになったBセットを注文。

時間に関わらずセットは注文出来るようでランチタイムだと¥100引きになるようです。

とんみんは具がネギと海苔のみのシンプルな麺、意外とスープは濃いめでした。白胡椒がよく合います。

ギョーザはにんにくが入っていません。一つ一つが大きめで味もしっかりしているので何も付けずそのままで。

サラダはレタス2枚だけ・・・少し残念です。全体的に炭水化物ばかりのせいかお腹いっぱいに。

店主と思われる方はにこやかでとても好印象でした。

【住所】
東京都世田谷区上馬4-11-26
【電話番号】
03-3487-0960
【営業時間】
11:30~2:00(月・水・木)
11:30~4:00(金・土)
11:30~1:00(日・祝)
【定休】

【HP】
なし
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13002031/

せたがや縁側cafe

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 22
  4. (Tue)
  5. 20:09
せたがや縁側cafe(外観)
【外観】

せたがや縁側cafe(メニュー看板)
【メニュー看板】

せたがや縁側cafe(店内)
【店内】

せたがや縁側cafe(有機玄米粉のマフィン¥180・松陰神社マフィン¥200)
【有機玄米粉のマフィン¥180・松陰神社マフィン¥200】

松陰神社周辺散策で偶然見つけました。カフェと言いますがテイクアウトのみ。

一応店内には2人座れるベンチがありますのでその場で買って食べることは可能なようです。

マフィンが数種類と甘酒がメインの販売、とてもとても小さなお店です。

一番プレーンに近い「有機玄米粉のマフィン」と「松陰神社マフィン」を購入。

前者は豆乳が香るシンプルな味でとても美味しいです。

後者は松陰神社にかけて醤油inジンジャー味だそうです(笑)生姜がふんわり香ります。

ちょっと高いなと思うのですが、素材やこだわりを考えたらこれくらいなのでしょうか。

【住所】
東京都世田谷区若林4-20-12
【電話番号】
非公開
【営業時間】
10:00~19:00
【定休】

【HP】
http://amazakelab.blog6.fc2.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131709/13118579/

【移転】五指山

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 22
  4. (Tue)
  5. 15:27
五指山(外観1)
【外観1】

五指山(外観2)
【外観2】

五指山(メニュー1)
【メニュー1】

五指山(メニュー2)
【メニュー2】

五指山(麻婆土鍋ご飯(スープ付)¥850)
【麻婆土鍋ご飯(スープ付)¥850】

五指山(担々麺(小ライス付)¥850)
【担々麺(小ライス付)¥850】

行列の出来る麻婆土鍋ご飯があると聞いて出向きました。外にメニューも無く少し入るのが不安に。

土曜日のオープンすぐに入りましたが10分で残り1テーブル。満席になった後は常に1・2組が外で待っている状態でした。

ランチは月~土やっているようで麻婆土鍋ご飯と担々麺を一つずつ注文。

夫婦でやっているようですがホール係の奥さんは結構雑です。お茶はセルフサービス。

大阪の「モンコック」で出る砂鍋飯のような片手鍋にみっちりと麻婆ご飯が入って出て来ます。一人で食べるには多め。

一口食べると・・・喉に強い刺激が走り早速しびれ始めます。辛さ:しびれ=3:7くらい。

山椒よりしびれる辛味が特徴の花椒がふんだんに掛けられているせいです。

食べ進めるとしびれに口中が麻痺。セットの海苔と卵のとろみスープで和らげますが段々効かなくなってきます。

美味しいかどうかの味の判断はつかず延々としびれに襲われるだけ・・・しかし思うより後には残りませんでした。

担々麺は麻婆ご飯を先に食べたせいで甘く感じました。チンゲン菜と肉そぼろのシンプルなトッピング。

ゴマの風味が香りとろっとしたスープで美味しいです。

会計は忙しくても調理の男性がやるしきたりのようです。

※2011年2月15日移転の為閉店
 東京都千代田区内神田1-9-10 光正ビル1F 3月下旬~4月上旬開店予定
 03-3292-0080(予定)

【住所】
東京都世田谷区世田谷4-2-15
【電話番号】
03-3426-2130
【営業時間】
12:00~15:00(LO.14:30)
18:00~22:00(LO.21:00)
【定休】
水・不定
【HP】
なし
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131709/13045978/

銀座 菓楽

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 21
  4. (Mon)
  5. 18:09
銀座 菓楽(外観)
【外観】

銀座 菓楽(メニュー看板)
【メニュー看板】

銀座 菓楽(メニュー1)
【メニュー1】

銀座 菓楽(メニュー2)
【メニュー2】

銀座 菓楽(メニュー3)
【メニュー3】

銀座 菓楽(メニュー4)
【メニュー4】

銀座 菓楽(メニュー5)
【メニュー5】

銀座 菓楽(メニュー6)
【メニュー6】

銀座 菓楽(メニュー7)
【メニュー7】

銀座 菓楽(石窯スフレ1¥945)
【石窯スフレ1¥945】

銀座 菓楽(石窯スフレ2¥945)
【石窯スフレ2¥945】

銀座 菓楽(石窯玄米カスタード1¥250)
【石窯玄米カスタード1¥250】

銀座 菓楽(石窯玄米カスタード2¥250)
【石窯玄米カスタード2¥250】

銀座の大通りを少し入ったビルの2Fにあるカフェ。雑誌などで名前をよく見掛けます。

ケーキセットなど色々悩みつつ少し気になった石窯スフレを注文。全席禁煙なので快適です。

焼き上げまで15分ほど掛かるとのことで通りを眺めながらぼーっと待ちます。籐の椅子でゆったり。

しばらく待ってサーブされたそれは・・・テニスボールかそれより小さいくり抜きオレンジに入ったスフレ。強くオレンジが香ります。

想像より二周りくらい小さくてビックリ。泡のような食感なので食べ終わっても食べた感じがありません。

出来上がりでこの量なら生地は一体どれだけ少ないんだろう・・・と考えてしまいます。

見た目のインパクトはありますが値段との対比が取れていなくてガッカリでした。これなら「ぶどうの木」のスフレをお勧めします。

1月限定でその日しか使えないプチケーキ半額クーポンを頂きました。帰りにテイクアウトを利用して欲しいようです。

その券は使えませんでしたが石窯玄米カスタードシュークリームを1個テイクアウト。

やたら重いと思って帰って開けてみると1個のシュークリームに保冷剤が4つも。あまりの非エコ加減に唖然としました。

香ばしく食べ応えのあるシュークリームでとても美味しく頂きました。色んな意味で銀座は違うなぁと感じたお店でした。

【住所】
東京都中央区銀座4-6-1 gentenGINZA2F
【電話番号】
(TEL)03-5524-7444
(FAX)03-5524-1999
【営業時間】
11:00~20:00
【定休】
なし
【HP】
http://www.karacu.jp/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13054103/

牛かつ おか田

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 05
  4. (Sat)
  5. 01:39
牛かつ おか田(外観1)
【外観1】

牛かつ おか田(外観2)
【外観2】

牛かつ おか田(メニュー1)
【メニュー1】

牛かつ おか田(メニュー2)
【メニュー2】

牛かつ おか田(③牛ロースランチかつセット¥1200)
【③牛ロースランチかつセット¥1200】

TVで紹介されていて美味しそうだったのでまんまと乗せられて行って来ました。

かなりの行列が出来るとのことでしたので11:00の開店に間に合うよう・・・10:30に着きました。

当然まだ誰も居ませんのでお店の前にある椅子でオープン待ち。私の後は10:55から急に5人並びました。

カウンターの奥から詰めて番号で注文。一番人気の③牛ロースランチかつセットにしました。

かつもすぐ出るのですがご飯、調味皿が先に出されます。お味噌汁は一番最後でした。

ご飯は1杯目は小盛りで、おかわり1杯までがサービスだそうです。

出て来たかつは「ピンク牛かつ」と呼ばれるようにほとんど生の状態。

メニューにはミディアムレアとありますが完全にレア。綺麗な色をしています。

衣はキメ細かいパン粉なのですがザリザリした食感でイマイチ・・・。

中は甘いお肉でとても美味しい。わさび醤油が一番美味しい食べ方だと思います。お味噌汁は豆腐とカイワレで味は濃いめ。

会計は出る時にドアの外で行います。スタッフの方が分業制なので効率がよく無駄な動きはありません。

出る頃にはまた3人ほど外で待っていました。ランチタイムは禁煙になります。

並んで食べるほどじゃないかな・・・と思いつつ回転率が速いので並んでも良いかも。

【住所】
東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビルB1F
【電話番号】
03-3502-0883
【営業時間】
11:00~売切れ迄
17:00~22:00
【定休】
土・日
【HP】
なし
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13007833/

野方ホープ

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 03
  4. (Thu)
  5. 23:35
野方ホープ(外観1)
【外観1】

野方ホープ(外観2)
【外観2】

野方ホープ(メニュー看板)
【メニュー看板】

野方ホープ(店内)
【店内】

野方ホープ(メニュー1)
【メニュー1】

野方ホープ(メニュー2)
【メニュー2】

野方ホープ(メニュー3)
【メニュー3】

野方ホープ(ラーメン¥720)
【ラーメン¥720】

野方ホープの本店です。高円寺の駅から10分と書いてありましたが10分では到底着かないかと・・・

カウンターのみの小さいお店で珍しく食券制ではありません。調理が全て見える構造になっています。

壁にあるモニターでは外に付けられた監視カメラで入ってくる前のお客さんを察知出来るようです。

ベーシックなラーメンを油の量を変えずに注文。スタッフの方はバンダナの色でランクがあるようです。白の人が偉いみたい。

出て来たラーメンは油の量は十分に多くぶわっと豚骨の香りがします。こってり好きには美味しい。

ちぢれまではいかないウェーブ麺。チャーシューの味はまぁまぁ。

調味料がとても充実しています。特に美味しいのが油唐辛子。少量でかなり刺激的な辛さになります。

にんにくは自分で潰して入れるタイプ。キムチは辛さはほどんどなく甘い物。色々味の変化を楽しむことが出来ます。

会計後はドアを開けて見送ってくれます。この場所にはもう来ないかもしれないですが系列の行きやすいお店は利用するかも。

【住所】
東京都中野区野方2-58-4
【電話番号】
03-3387-2886
【営業時間】
11:00~4:00
【定休】
年末年始のみ
【HP】
http://www.nogata-hope.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1321/A132104/13001089/

HERE WE ARE marble

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 03
  4. (Thu)
  5. 17:44
HERE WE ARE marble(外観)
【外観】

HERE WE ARE marble(店内1)
【店内1】

HERE WE ARE marble(店内2)
【店内2】

HERE WE ARE marble(メニュー1)
【メニュー1】

HERE WE ARE marble(メニュー2)
【メニュー2】

HERE WE ARE marble(メニュー3)
【メニュー3】

HERE WE ARE marble(メニュー4)
【メニュー4】

HERE WE ARE marble(自家製ホットケーキセット・グァバ100%ブレンドジュース¥800)
【自家製ホットケーキセット・グァバ100%ブレンドジュース¥800】

HERE WE ARE marble(横から見たホットケーキ)
【横から見たホットケーキ】

出版社マーブルトロンの本をよく買うのですが、その直営店カフェです。全席喫煙可能なのが難点。

内装はよくあるカフェバーという感じで奥にマーブルトロン社の本が置いてあり読むことが出来ます。

特に狙ってきたメニューも無いので直感でホットケーキセットを選びました。これが大当たり。

時間が掛かると言われましたが余裕はあるのでグァバジュースを飲みながら待ちます。ミルキーで酸味のあるジュース。

何てことないホットケーキを想像していましたが・・・鎌倉のイワタコーヒーを彷彿とさせる2cmほどの厚いホットケーキが登場。

カリカリ感はイワタに負けますがこちらも十分美味しく、中はしっとりとしています。

付いている生クリームは甘さが強かったので使いませんでした。

有機栽培のメープルシロップはカラメルのような香ばしさがあり普通のメープルとは違ったワンランク上の味。

まさか期待していなかった大物に出会えて驚きと感動でした。接客も感じが良かったです。

【住所】
東京都杉並区高円寺南2-14-2
【電話番号】
(TEL)03-5934-8200
(FAX)03-5934-8201
【営業時間】
12:00~15:30
18:00~23:00(月・火・木)
12:00~15:30
18:00~24:00(金)
12:00~17:00
17:00~24:00(土)
12:00~17:00
17:00~23:00(日)
【定休】

【HP】
http://www.marbleweb.net/cafe/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13005577/

【閉店】花鳥風月

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 03
  4. (Thu)
  5. 15:17
花鳥風月(看板)
【看板】

花鳥風月(メニュー看板)
【メニュー看板】

花鳥風月(ランチメニュー1)
【メニュー1】

花鳥風月(ランチメニュー2)
【メニュー2】

花鳥風月(ランチメニュー3)
【メニュー3】

花鳥風月(花鳥風月スパゲティセットA(一口ガーリックトースト・自家製ミートソース・オレンジフレーバーティー)¥1200)
【花鳥風月スパゲティセットA(一口ガーリックトースト・自家製ミートソース・オレンジフレーバーティー)¥1200】

2011年2月27日で閉店してしまいました。

本当は別のお店に行く予定だったのですが臨時休業だったので間もなく閉店することは知っていたこちらのお店に。

商店街の2Fに位置しています。探していたら突然大きい看板を見つけて階段を上ります。ほぼ満席でした。

全席禁煙。床が木なのですが椅子の足にゴムが付いていて動かしても響かないように考えられています。

3種類のメインで迷ったのでオススメを聞き自家製ミートソーススパゲティのAセットを注文。

ドリンクを一緒に頼んだのでまず一口ガーリックトーストとオレンジフレーバーティーがサーブされます。

とても小さいパンにガーリックバターが塗られカリっとラスクのように焼かれています。生ハムとオリーブ添え。

オレンジフレーバーティーはマグカップになみなみと注がれとても熱々でした。

メインはアルデンテではなく柔らかい感じのスパゲティ。茄子の優しいミートソースです。

家庭で手作りしました・・・という雰囲気が伝わってきます。タバスコや粉チーズは付きません。

場所も考えるとこのセットは¥900くらいであって欲しいです。

※2011年2月27日閉店いたしました。

【住所】
東京都杉並区高円寺北2-22-11 2F
【電話番号】
03-3337-5326
【営業時間】
11:30~16:00(LO.15:00)
【定休】

【HP】
http://ameblo.jp/cafekachofugetsu/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13038423/

【閉店】A.C.PERCH'S 東京店

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 03
  4. (Thu)
  5. 09:22
A.C.PERCH'S 東京店(外観1)
【外観1】

A.C.PERCH'S 東京店(外観2)
【外観2】

A.C.PERCH'S 東京店(メニュー看板)
【メニュー看板】

A.C.PERCH'S 東京店(店内)
【店内】

A.C.PERCH'S 東京店(ランチメニュー(スコーン・チーズ・サーモン・ピクルス・プチケーキ)¥1050)
【ランチメニュー(スコーン・チーズ・サーモン・ピクルス・プチケーキ)¥1050】

残念ながら2011年1月31日で閉店致しました。

デンマークの紅茶を扱う日本紅茶協会ティーインストラクターの資格もお持ちの岡田美里さんのお店。

初めて行った時はカフェ部門がしばらくお休みとなっていて、2010年4月頃復活を遂げたので行こうとしたら1年経たずと閉店。

無くなる前に訪問出来て良かったです。カフェを楽しむつもりでしたが軽めのランチをやっているようなのでそちらを注文。

思ったより狭い店内で先客は1組のみでした。ワンプレートに色々盛られ、紅茶は大きいカップに注がれます。

ポットサービスでは無いのが少し残念。日替わり紅茶でクイーン何とかと言っていましたが聞き取れず。

スコーンはかりっと焼かれて美味しくチーズは茶色のクセのあるものとカマンベール。

サーモンは結構量が多く肉厚で満足でした。ピクルスは酸味を抑えてありとても食べやすい。

クルミのパウンドケーキはとても美味しく、ベリーのケーキはそこそこという感じでした。

中央にあるのはブルーベリーの入った生クリーム。甘くないタイプなので多めに付けたりしちゃいました。

金髪のスタッフの方が居たのですが新人さんのようでレジもあまり慣れていない様子。この時期に新人さん?と思ったり。

場所が微妙なのですが良いお店なのでもう行けないのかと思うと惜しいです。

※2011年1月31日閉店いたしました。

【住所】
東京都渋谷区上原3-1-17 1F
【電話番号】
(TEL)03-5738-9099
(FAX)03-3466-2203
【営業時間】
11:00~18:00(LO.17:30)
【定休】
土・日・祝
【HP】
http://www.perchs.jp/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13111272/

Kanbutsu Cafe

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 02
  4. (Wed)
  5. 00:28
Kanbutsu Cafe(外観)
【外観】

Kanbutsu Cafe(メニュー看板1)
【メニュー看板1】

Kanbutsu Cafe(メニュー看板2)
【メニュー看板2】

Kanbutsu Cafe(メニュー看板3)
【メニュー看板3】

Kanbutsu Cafe(メニュー看板4)
【メニュー看板4】

Kanbutsu Cafe(店内)
【店内】

Kanbutsu Cafe(激辛!グリーンソース「スクッグ」・自家製!味醂粕の豆板醤)
【激辛!グリーンソース「スクッグ」・自家製!味醂粕の豆板醤】

Kanbutsu Cafe(メニュー1)
【メニュー1】

Kanbutsu Cafe(メニュー2)
【メニュー2】

Kanbutsu Cafe(麩レカツ丼¥750)
【麩レカツ丼¥750】

運が悪かったせいかイートインは高椅子カウンターの5席のみ。しかも先客が居たので入口側に座ったら寒いし落ち着かないし。

混んでいる様子もなく、席はそこだけですよと言わんばかり。

他の方のレビューを見たら3Fにも席があるのでしょうか・・・何の案内もありませんでした。

たまたま¥100引きになっていた「麩レカツ丼」を注文。通常¥850が¥750でした。玄米か八穀米か選べます。

車麩をカツに見立てた丼だそうですが・・・ただのすき焼き丼。カリっとしてるのかと期待しましたが味の染みたふにゃふにゃの車麩。

味はしっかり全体に付いていてとても美味しいです。しかしメニュー名に偽りあり。

お味噌汁もメインの丼も小ぶりなので女性の小腹向き。食事にしては量が少ない気がします。

お惣菜が充実しているのでテイクアウトするには良いお店だと思いますが、イートインはイマイチかと思いました。

【住所】
東京都渋谷区西原3-4-3 アミティ代々木上原2F
【電話番号】
03-5465-2210
【営業時間】
11:00~22:00
11:00~20:00(日・祝)
【定休】
なし(年末年始除く)
【HP】
http://www.kanbutsucafe.jp/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13041422/

神楽坂 和遊

  1. 2011.
  2. 03.
  3. 01
  4. (Tue)
  5. 02:59
和遊(石畳ちーずけーき(プレーン・ほうじ茶)各¥270(開封前))
【石畳ちーずけーき(プレーン・ほうじ茶)各¥270(開封前)】

和遊(石畳ちーずけーき(プレーン・ほうじ茶)各¥270(開封後))
【石畳ちーずけーき(プレーン・ほうじ茶)各¥270(開封後)】

2010年末でかふぇ部門が無くなったらしく、元の店舗とは違う場所で小さなテイクアウトのみのお店に変わっていました。

チラシ全文記載します↓


開店ご挨拶

神楽坂の地で生まれた、かふぇ和遊で4年間育てていただいた
石畳ちーずけーき&和遊ぱうんどけーきが新店舗にてお求めいただけます。
新しい年を迎え、暫くの間かふぇ部門はお休みさせていただきますが、お土産に人気がございました
「和」ちーずけーき&素材のお味を大切にしたぱうんどけーき。
また、情緒あふれる神楽坂の街でどこか懐かしい雰囲気を楽しんでいただけるような
和小物もご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。
本年も変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。

平成23年1月吉日


プレーンとほうじ茶の2個を買って帰りました。 なかなかのお値段です。

プレーンの方は四角くかっちり固まった、まるで石畳。甘さは程よく美味しかったです。

ほうじ茶の方はあまりお茶の味はしなかったのですが別の独特な香りが強かったです。

6種のちーずけーきが同時に楽しめるカフェを利用したかったのですが・・・かふぇ部門が復活すればまた行ってみたいです。

【住所】
東京都新宿区白銀町16
【電話番号】
03-5206-8707
【営業時間】
不明
【定休】
不明
【HP】
http://www.wyu.jp/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13056273/

side menu

プロフィール

lapin rio

Author:lapin rio
カフェ巡りの好きなうさぎです

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。