おいしい ごはんめぐり

大阪・東京を中心としたグルメ巡り記です。

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOBOLi

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 29
  4. (Fri)
  5. 23:16
BOBOLi(外観1)
【外観1】

BOBOLi(外観2)
【外観2】

BOBOLi(店内1)
【店内1】

BOBOLi(店内2)
【店内2】

BOBOLi(しぼりたて牛乳(カップ)¥370)
【しぼりたて牛乳(カップ)¥370】

寒い冬の日でしたが見たことのある看板に立ち止まり、ふらっと入ってみました。何度か雑誌で見掛けたことがあります。

雑然とした店内は文字の掲示や物が沢山。思わず狭い店内でキョロキョロしてしまいます。

小さなベンチが備え付けてありますが基本は食べ歩き用です。

シングルが¥370ダブルが¥410。コーンかカップを選ぶことが出来ます。

あまり多くない種類の中から一番シンプルそうな「しぼりたて牛乳」のカップを注文。

アルバイトらしき若い女性がささっと準備して下さいます。

アイスクリームというよりかジェラートに近い食感で味はとてもあっさり。

量があっても飽きずに最後まで食べることが出来ます。

冬でもこれだけ美味しく頂けるのなら夏だともっと美味しさが増すと思いました。

【住所】
東京都杉並区西荻南2-23-8
【電話番号】
(TEL&FAX)03-3333-9910
【営業時間】
11:00~22:00
【定休】

【HP】
http://www.boboli-i.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13006651/
スポンサーサイト

biotope

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 29
  4. (Fri)
  5. 03:55
biotope(外観1)
【外観1】

biotope(外観2)
【外観2】

biotope(外観3)
【外観3】

biotope(店内)
【店内】

biotope(かぼちゃのマフィン)
【かぼちゃのマフィン】

biotope(紅茶のシフォンケーキ)
【紅茶のシフォンケーキ】

「玄米食堂 holon」さんで見つけたチラシに誘われて伺いました。

カフェはやっているのか、テイクアウトだけなのか、規模はどのくらいなんだろう・・・謎だらけのまま地図を頼りに住宅街の中へ。

アパートらしき建物の外に看板を発見。2Fへ上りドアを開けると・・・そのドアスペースのみの小さなお店。

思わず大阪の「fait en bonbons」旧店舗(中崎町)を思い出しました。

あ、やっぱりいいです・・・と立ち去ることも出来ずニコニコしているお姉さんの前で状況を整理。

片手で数えられる種類のお菓子を見るも値札はなし。丁寧に一つずつお菓子の内容を説明してくれます。

「かぼちゃのマフィン」「紅茶のシフォンケーキ」をお願いしました。それぞれの値段はわかりませんが2つで¥670。

後で改めて考えると結構なお値段です。素材にこだわったらこの価格になったということでしょうか。

かぼちゃのマフィンはフォークを刺すとポロポロと崩れます。余計なつなぎが入っていないのでしょう。

素材の甘みを感じ非常に美味しかったです。

紅茶のシフォンケーキはずっしりと重く人工的な甘さは一切ありません。お米から作られているようでむちむちとしています。

茶葉が開いて入っているので口に残るのが少し気になりました。

素材本来の力を大切にしていることは十分伝わって来ました。アレルギーが気になる方には良いかもしれません。

【住所】
東京都杉並区松庵2-13-1 メゾン平山202
【電話番号】
090-7919-1201
【営業時間】
8:00~売り切れまで
【定休】

【HP】
http://biotopee.exblog.jp/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13122667/

どんぐり舎

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 29
  4. (Fri)
  5. 01:00
どんぐり舎(外観1)
【外観1】

どんぐり舎(外観2)
【外観2】

どんぐり舎(メニュー1)
【メニュー1】

どんぐり舎(メニュー2)
【メニュー2】

どんぐり舎(メニュー3)
【メニュー3】

どんぐり舎(どんぐりクッキーセット・ほろ苦ブレンド¥600)
【どんぐりクッキーセット・ほろ苦ブレンド¥600】

喫茶店という名の通り喫煙しながらお茶をするところです。喫煙出来る場所が減っているせいか喫煙する方が集まります。

ある程度覚悟はして行きましたがかなりの煙ですのでお気を付けて。

狙っていた「どんぐりクッキーセット」を注文。¥470までのドリンクなら差額なしで選べます。

イチオシらしいほろ苦ブレンドにしました。どんぐりクッキーは店舗を持たない「自然焼菓子工房roco」さん製作。

可愛いどんぐりのお皿で袋に入ったままやってきます。重くて甘さはほとんど無く粉を固めたようなクッキー。

正直あまり美味しいものではありませんでした。ブレンドは苦味が強い割にあっさりしていました。

乙女系喫茶として紹介されていましたが・・・楽しむどころかタバコが気になって早く外に出たいとしか思えませんでした。

【住所】
東京都杉並区西荻北3-30-1
【電話番号】
03-3395-0399
【営業時間】
10:30~22:00(月~木)
10:30~22:30(金・土・日・祝)
【定休】
不定
【HP】
なし
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13012922/

玄米食堂 holon

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 26
  4. (Tue)
  5. 22:11
玄米食堂 holon(外観1)
【外観1】

玄米食堂 holon(外観2)
【外観2】

玄米食堂 holon(外観3)
【外観3】

玄米食堂 holon(店内1)
【店内1】

玄米食堂 holon(店内2)
【店内2】

玄米食堂 holon(メニュー1)
【メニュー1】

玄米食堂 holon(メニュー2)
【メニュー2】

玄米食堂 holon(メニュー3)
【メニュー3】

玄米食堂 holon(ホロンプレート¥1200)
【ホロンプレート¥1200】

オープン時間を狙って行きました。オーナー1人で切り盛りしているお店のようです。なので水はセルフサービス。

4名×2、2名×3、カウンター5のの白を基調にした小さめのカフェ。

メニューも最初から決めていたホロンプレートに。接客が・・・という方が多いようですが確かに間の取り方に違和感を感じました。

テンペの照り焼きと書いてありましたが何のことかわからず。後で調べると大豆を固めたもののようです。

全体の量は少ないですが一つ一つの野菜の味が美味しいのでゆっくり味わいながら頂きます。それでも少し物足りない気分。

お味噌汁は絶妙な濃さで大根・葉もの・カイワレが入っています。

体には優しそうなお料理ですがドリンクもなしでこのお値段はなかなか。

あまりお勧めは出来ません。1度で良いかなと思ってしまいます。

【住所】
東京都武蔵野市吉祥寺東町4-15-13
【電話番号】
0422-23-3638
【営業時間】
11:30~15:00(LO.14:30)
17:00~20:00(LO.19:30)
【定休】

【HP】
http://www6.ocn.ne.jp/~holon/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13055027/

掌庵蕎麦 石はら

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 25
  4. (Mon)
  5. 01:16
掌庵蕎麦 石はら(外観)
【外観】

掌庵蕎麦 石はら(店内)
【店内】

掌庵蕎麦 石はら(メニュー1)
【メニュー1】

掌庵蕎麦 石はら(メニュー2)
【メニュー2】

掌庵蕎麦 石はら(メニュー3)
【メニュー3】

掌庵蕎麦 石はら(メニュー4)
【メニュー4】

掌庵蕎麦 石はら(メニュー5)
【メニュー5】

掌庵蕎麦 石はら(メニュー6)
【メニュー6】

掌庵蕎麦 石はら(メニュー7)
【メニュー7】

掌庵蕎麦 石はら(メニュー8)
【メニュー8】

掌庵蕎麦 石はら(メニュー9)
【メニュー9】

掌庵蕎麦 石はら(10周年記念ランチAセット(海鮮丼・蕎麦)¥1000)
【10周年記念ランチAセット(海鮮丼・蕎麦)¥1000】

掌庵蕎麦 石はら(そば湯)
【そば湯】

看板が出たオープンすぐに入ったのですが・・・何故か先客が。

初めに出て来るのは熱々のほうじ茶。10周年記念らしくお得なセットがあったのでそちらにしました。

まだ閑散とした店内だったのでもちろん提供も早かったです。

冷たいざるそばに海鮮丼のセット。そば湯もほぼ同時に出て来ました。

お蕎麦自体には粒々が見えずあまり特徴立ったところは見られませんでした。

つゆはカツオの香ばしさが引き立って個性的。海鮮丼はマグロ・イカ・ハマチ(?)・とびっこを散りばめたものでした。

そば湯はとろっとろ、今まで出会った中で一番濃いかもしれません。

私にとっては平均的なお蕎麦屋さんに感じました。

【住所】
東京都世田谷区世田谷1-11-16
【電話番号】
03-3429-6227
【営業時間】
11:30~15:30(LO.15:00)
18:00~24:00(LO.23:30)
11:30~24:00(LO.24:00)(土・日・祝)
【定休】
なし
【HP】
なし
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131709/13007101/

Boulangerie Sudo

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 24
  4. (Sun)
  5. 00:01
Boulangerie Sudo(外観1)
【外観1】

Boulangerie Sudo(外観2)
【外観2】

Boulangerie Sudo(外観3)
【外観3】

Boulangerie Sudo(店内1)
【店内1】

Boulangerie Sudo(店内2)
【店内2】

Boulangerie Sudo(ハニートースト¥280・アイスティー¥200)
【ハニートースト¥280・アイスティー¥200】

Boulangerie Sudo(北海道ミルクパン¥90)
【北海道ミルクパン¥90】

Boulangerie Sudo(ロールパン¥90)
【ロールパン¥90】

Boulangerie Sudo(自家製オリーブカクテルのプチパン¥150)
【自家製オリーブカクテルのプチパン¥150】

Boulangerie Sudo(自家製オリーブカクテルのプチパン中身)
【自家製オリーブカクテルのプチパン中身】

世田谷線の松陰神社前の駅からすぐ、この界隈に関わらず有名なパン屋さんのようです。

食パンを買いに行きついでにイートインスペースがあるようなのでモーニングも兼ねて。

行ってみれば4名テーブル1つと長ベンチが店内にあるだけで、ちょっと気まずいです・・・一応食べれますよ、という感じ。

店内ではハニートーストとアイスティーを注文。アイスティーは市販品を注いだだけのよう。

ハニートーストは厚さ4cmの食パンにバター・アカシア蜂蜜・砂糖を重ねて焼いているそうです。

周りはカチカチで硬いので再加熱サービスあれば良かったのですが・・・硬さと闘いながらも美味しく頂きました。

お目当ての食パンは第1回の分が終わり、次の焼き上がりは16:40と言われました。その時点ではまだ10:30過ぎ。

ゴリ押しして「どうしても今買えないですよね」と粘ってみたら角食ハーフ(5枚)¥290を辛うじて買うことが出来ました。

こちらのお店で食パンを買うなら予約した方が良いようです・・・無理言ってすみませんでした。

食べている間お店を観察してても客足が絶えない、やはり人気店のようです。焼き菓子も多く揃っています。


【追記】2011.9訪問

北海道ミルクパン・・・かなり良い色をしています。甘みあってしっかりした味。

ロールパン・・・食パンと同じ配合らしいです。小麦の美味しい味が伝わります。

自家製オリーブカクテルのプチパン・・・小さい中にオリーブが4種?入っています。噛み応えあって洋食に合いそう。

【住所】
東京都世田谷区世田谷4-3-14
【電話番号】
03-5426-0175
【営業時間】
9:00~19:00
【定休】
日・月
【HP】
http://d.hatena.ne.jp/Boulangerie-Sudo/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131709/13098861/

Signifiant Signifie

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 23
  4. (Sat)
  5. 18:43
Signifiant Signifie(外観)
【外観】

Signifiant Signifie(店内1)
【店内1】

Signifiant Signifie(店内2)
【店内2】

Signifiant Signifie(店内3)
【店内3】

Signifiant Signifie(メニュー)
【メニュー】

Signifiant Signifie(パンを楽しむプレート(ドリンク付)¥1575)
【パンを楽しむプレート(ドリンク付)¥1575】

Signifiant Signifie(セットの味一しぼり(温州みかん))
【セットの味一しぼり(温州みかん)】

SignifiantSignif(パンの注文表1)
【パンの注文表1】

SignifiantSignif(パンの注文表2)
【パンの注文表2】

Signifiant Signifie(フーガス¥360)
【フーガス¥360】

Signifiant Signifie(フーガスアップ)
【フーガスアップ】

Signifiant Signifie(バゲット・オ・マロン¥800)
【バゲット・オ・マロン¥800】

Signifiant Signifie(バゲット・オ・マロンアップ)
【バゲット・オ・マロンアップ】

Signifiant Signifie(バゲット・オ・マロン断面)
【バゲット・オ・マロン断面】

Signifiant Signifie(パン オリーブ¥249)
【パン オリーブ¥249】

Signifiant Signifie(パン オリーブアップ)
【パン オリーブアップ】

日常使いのパン屋さんとは一線を画した高級パン屋さん。

地図を見ながら行きましたが一瞬通り過ぎそうに。外から見るとお洒落なカフェに見えます。

やはりテイクアウトがメインなのでしょう、一応席はあるものの4名×3の小さいテーブルしかありません。

平日のお昼過ぎに伺いましたがノーゲスト。とても静かな店内でした。

最初「季節のプレート」を注文したのですがドリンクが出て5分後・・・「材料が揃わない」ということで「パンを楽しむプレート」に変更。

ランチ代わりにしたかったのでパンのみに変更になり少し残念。

ドリンクの味一しぼりは瓶のままサーブされます。温州みかんだけあってとても甘くて飲みやすい。濃縮還元とは違います。

7種類のパンにチーズとハチミツ・オリーブオイル・にんじんのジャムが付いていました。

種類が多くて覚え切れないので口頭の説明の後、紙に書き出して頂きました。

グ・ドートンヌという焼き栗の入った季節限定のパンが一番美味しかったです。

これだけの種類を食べれば「今度○○を買おう」となりますね。滞在中テイクアウト利用の方が数組いらしてました。

接客はとても丁寧ですし、ちょっとセレブ気分を味わえるブーランジュリーです。

【追記】2012.1

フーガスはバゲットの生地を伸ばしたもので具は日替わりだそう。買った日はチーズとアンチョビ。

パリパリとしており所々にあるアンチョビの塩気が食欲増進。

バゲット・オ・マロンはマロンが練り込まれた贅沢パン。粒々とした実は入っていないけどマロン風味。

窯のコゲの味がしっかりと染み付いて香ばしい。片手に乗るミニサイズでこのお値段・・・。

パン オリーブは刻みオリーブが練り込まれており口中に香りが広がります。ソースの美味しい料理に合わせたい。

【住所】
東京都世田谷区下馬2-43-11
【電話番号】
03-3422-0030
【営業時間】
11:00~19:00
【定休】
不定
【HP】
http://www.artandcraft.jp/ss/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13030788/

CHRISTIE

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 22
  4. (Fri)
  5. 17:43
CHRISTIE(外観1)
【外観1】

CHRISTIE(外観2)
【外観2】

CHRISTIE(外観3)
【外観3】

CHRISTIE(外観4)
【外観4】

CHRISTIE(店内1)
【店内1】

CHRISTIE(店内2)
【店内2】

CHRISTIE(メニュー1)
【メニュー1】

CHRISTIE(メニュー2)
【メニュー2】

CHRISTIE(メニュー3)
【メニュー3】

CHRISTIE(メニュー4)
【メニュー4】

CHRISTIE(メニュー5)
【メニュー5】

CHRISTIE(メニュー6)
【メニュー6】

CHRISTIE(メニュー7)
【メニュー7】

CHRISTIE(メニュー8)
【メニュー8】

CHRISTIE(メニュー9)
【メニュー9】

CHRISTIE(メニュー10)
【メニュー10】

CHRISTIE(メニュー11)
【メニュー11】

CHRISTIE(メニュー12)
【メニュー12】

チーズ・ケーキセット¥790
【チーズ・ケーキセット¥790】

CHRISTIE(スコーン・セット(プレーン・クルミ・チョコ+¥40)¥880)
【スコーン・セット(プレーン・クルミ・チョコ+¥40)¥880】

原宿駅から竹下通りに入り間もなく右折。若者の街に似つかわしくない喫茶店があります。

入って手前が禁煙、奥が喫煙席になっています。しかし煙は容赦なく禁煙席にも。

「日本紅茶協会 おいしい紅茶の店」の認定店ということで紅茶も飲めるチーズ・ケーキセットとスコーン・セットを注文。

チーズケーキはしっとりしたベイクドタイプ。紅茶は2人で1つ、MUJICAの大きいポットでした。茶葉入りのまま供されます。

1杯目はトレイの上でスタッフの方が入れてくれます。ポットカバーが無いのが残念。

入れ方の手順を守っているので紅茶は美味しく頂けます。

スコーンはプレーンは味がなくイマイチ。ミニサラダ・ブルーベリージャム・ホイップが付いてきます。

ホイップは甘いのであまり付けませんでした。3種の中で一番美味しかったのはチョコスコーン。+¥40なだけあります。

スタッフの方はよく巡回しているのでお皿を下げたり気が利いていました。嫌煙家の方は入口近くの席をお勧めします。

【住所】
東京都渋谷区神宮前1-16-1
【電話番号】
(TEL)03-3478-6075
(FAX)03-3404-2785
【営業時間】
11:00~22:00(平日)
11:00~20:00(日・祝)
【定休】
なし
【HP】
http://www.just.st/?in=7179407
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13012953/

西光亭

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 22
  4. (Fri)
  5. 00:21
西光亭(外観)
【外観】

西光亭(チョコくるみクッキー(外箱)¥630)
【チョコくるみクッキー(外箱)¥630】

西光亭(チョコくるみクッキー(中身)¥630)
【チョコくるみクッキー(中身)¥630】

西光亭(くるみのクッキー(外箱)¥1260)
【くるみのクッキー(外箱)¥1260】

西光亭(くるみのクッキー(中身)¥1260)
【くるみのクッキー(中身)¥1260】

リスの箱が可愛いお土産にピッタリのクッキーのお店です。昔はレストランだったようですが現在はテイクアウト専門。

入ると壁一面にリスの箱が並べてあります。箱は大と小があり、小さい方の中身は「チョコくるみクッキー」のみのよう。

大の「青い鳥」・小の「まちぶせ」という絵柄を選びました。中身は入れ替えられるので好きな柄を選べます。

大量の粉糖に埋まったくるみのクッキーはサクサクほろほろでとても美味しい。

お値段は・・・化粧箱代なのでしょう。自宅用に気軽に買う値段ではありません。

1ヶ月ほど日持ちするので1個多めに買っても何かと利用出来ると思います。

【住所】
東京都渋谷区上原2-30-3
【電話番号】
(TEL)03-3468-2178
(FAX)03-3469-2972
【営業時間】
11:00~19:00
【定休】
なし
【HP】
http://www.seikotei.jp/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13001834/

cafe ももちどり

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 20
  4. (Wed)
  5. 22:14
cafe ももちどり(外観)
【外観】

cafe ももちどり(店内1)
【店内1】

cafe ももちどり(店内2)
【店内2】

cafe ももちどり(メニュー)
【メニュー】

cafe ももちどり(チェダーチーズパンケーキ(きのこのポタージュスープ付)¥1100)
【チェダーチーズパンケーキ(きのこのポタージュスープ付)¥1100】

cafe ももちどり(サラダとバターミルクパンケーキ(きのこのポタージュスープ付)¥1100)
【サラダとバターミルクパンケーキ(きのこのポタージュスープ付)¥1100】

cafe ももちどり(サラダアップ)
【サラダアップ】

参宮橋からすぐのパンケーキがウリの小さくて可愛いカフェ。小さいドアをくぐって急な階段を上り2Fへ。12歳以下お断りだそうです。

日曜日のランチタイムだったので2組待ちでした。隣の「coju」という雑貨店を見ながら時間つぶし。

レジ横では焼き菓子やコーヒーのテイクアウト物販があります。

30分弱ほど待ってやっと席に着けました。「チェダーチーズパンケーキ」「サラダとバターミルクパンケーキ」を注文。

チェダーチーズの方は見た目通りチーズが濃く、振りかけられたブラックペッパーがよく効いています。

大きくカットされた野菜のラタトゥイユとソーセージが添えてありボリュームも十分。

サラダとバターミルクの方はサラダが凄い。写真では伝わらないくらいどっしりとした野菜の量。

レタス・インゲン・ヤングコーン・ベーコン・ラディッシュ・じゃがいも・ルッコラ・種付きオリーブが入っています。

ドレッシングは別添えになっているので自分で調節することが出来ます。

きのこのポタージュスープは優しい味、きのこが苦手な私でも大丈夫でした。

パンケーキは小ぶりの3段、国内産純粋ハチミツ・ピュアメープルシロップ付き。

甘さの無いパンケーキなのでおやつというより食事系。バターだけで十分に美味しいです。

小学生でも入れないのかと思うと・・・何だか可哀相な気がします。

【住所】
東京都渋谷区代々木5-55-5 2F
【電話番号】
(TEL)03-5452-1690
(FAX)03-5452-1691
【営業時間】
11:30~19:30(LO.19:00)(火~土)  
11:30~19:00(LO.18:30)(日)
【定休】

【HP】
http://www.momochidori.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13039457/

小笠原伯爵邸 bar&cafe

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 20
  4. (Wed)
  5. 05:18
小笠原伯爵邸 bar&cafe(外観1)
【外観1】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(外観2)
【外観2】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(外観3)
【外観3】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(外観4)
【外観4】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(メニュー看板)
【メニュー看板】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(店内1)
【店内1】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(店内2)
【店内2】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(メニュー1)
【メニュー1】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(メニュー2)
【メニュー2】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(メニュー3)
【メニュー3】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(メニュー4)
【メニュー4】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(メニュー5)
【メニュー5】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(メニュー6)
【メニュー6】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(メニュー7)
【メニュー7】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(タルトタタン¥630・ブレンド¥680)
【タルトタタン¥630・ブレンド¥680】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(タルトタタンアップ)
【タルトタタンアップ】

小笠原伯爵邸 bar&cafe(スパニッシュオムレツ パン・コン・トマト添え¥840・カフェコルタード¥780)
【スパニッシュオムレツ パン・コン・トマト添え¥840・カフェコルタード¥780】

レストランの方は予約が無いと利用出来ないようですが、カフェバーは予約なしでも利用出来ます。

門に看板はなく、入って左手に小さく「小笠原伯爵邸」と確認するまで場所が合っているか不安でした。

大きい入口はレストランのもので、カフェバーの入口はそこを通り過ぎた奥の小さい階段を上がった先です。

バーカウンターのある室内に通されました。そこには4名×3の席がありましたがテラスもあるようですね。

残念ながら案内はありませんでした。タルトタタンとホットコーヒーを注文。

タルトタタンは少し大きめでよく冷えています。たっぷりのリンゴにサクサクのパイ生地、カスタードも垣間見えます。

掛かっていた生クリームはとても甘かったので避けつつ。ホットコーヒーは豆を挽く音は聞こえたものの注文後すぐに出て来ました。

やたら苦いだけで全く風味なし。正直飲み切れないほど口に合いませんでした。

周りを見ているとかなりお年を召した男性が真昼間からワインを嗜んでいたりちょっと不思議な空間。平均年齢は高いです。

天井が高く、特に廊下は雰囲気があり邸宅気分を味わうことが出来ます。

【住所】
東京都新宿区河田町10-10
【電話番号】
(TEL)03-3359-5830
(FAX)03-3359-5831
【営業時間】
11:30~22:00(平日)
11:30~21:00(土・日・祝)
【定休】
なし
【HP】
http://www.ogasawaratei.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13050639/

SUNDAY BAKE SHOP

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 18
  4. (Mon)
  5. 01:00
SUNDAY BAKE SHOP(外観)
【外観】

SUNDAY BAKE SHOP(看板)
【看板】

SUNDAY BAKE SHOP(店内1)
【店内1】

SUNDAY BAKE SHOP(店内2)
【店内2】

SUNDAY BAKE SHOP((上から時計回りに)オリジナルスコーン¥200・ワイルドブルーベリーのスコーン¥200・ヘーゼルナッツチョコレートスコーン¥200)
【(上から時計回りに)オリジナルスコーン¥200・ワイルドブルーベリーのスコーン¥200・ヘーゼルナッツチョコレートスコーン¥200】

SUNDAY BAKE SHOP(にゃんころうショートブレッド(6個)¥500)
【にゃんころうショートブレッド(6個)¥500】

新宿に近い初台で日曜日のみ営業しているテイクアウト専門のお菓子屋さんです。

商店街を一歩入ったところにちょこんとあります。2人入ると限界の店内。

色々な焼き菓子の中からスコーン3種とショートブレッドを選びました。山盛りのスコーンは見ていて楽しいですね。

大きめでしっかり焼かれたスコーンは何も付けずとも美味しいです。温めるとほっくりして更に美味しい。

ワイルドブルーベリー入りもヘーゼルナッツチョコレート入りもとても美味しかったです。

にゃんころうショートブレッドはお値段結構しますがクセになる美味しさ。自然な甘さが良いと思います。

週に1回だけの手に入れるチャンス、他の焼き菓子も試してみたいです。

【住所】
東京都渋谷区本町2-28-5
【電話番号】
非公開
【営業時間】
9:00~19:00
【定休】
月・火・水・木・金・土
【HP】
http://sundaybakeshop.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131807/13103500/

粉花

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 16
  4. (Sat)
  5. 01:16
粉花(外観1)
【外観1】

粉花(外観2)
【外観2】

粉花(店内)
【店内】

粉花(メニュー)
【メニュー】

粉花(トーストセット¥800)
【トーストセット¥800】

浅草の観光名所からお散歩がてら歩いて少し、小さな可愛いパン屋さんがあります。

姉妹で経営しているお店だそうです。キッチンがお姉さん、ホールが妹さんメインのようです。

建物の2F部分が改装中で一瞬営業されているのか心配になりました。一度来た時はパンが売り切れで断念したので今回こそはと。

入ってすぐ目の前に小さいショーケースがありパンが並んでいます。

右奥はカフェスペースで4名×2と2人掛けソファがあります。色々悩んだ末に一番味を感じられそうなトーストセットを注文。

ドリンクは選べたのでさつき紅茶マイルドブレンドにしました。

トーストはかなり小ぶりです。バターがたっぷり染みて食べ応えがあります。

紅茶は緑茶に近いクセの少ないものでした。ポットサービスでたっぷり2杯楽しむことが出来ます。

お子様連れだったり女性お一人様だったり、入ってくるお客さんは私以外皆さんお店の方と顔見知りのようでした。

地域密着型のようですね。家の近くにあって欲しい安心出来るお店です。

【住所】
東京都台東区浅草3-25-6 1F
【電話番号】
03-3874-7302
【営業時間】
10:30~(販売)
12:00~18:00(cafe)
12:00~16:00(土)
【定休】
日・月・火
【HP】
http://mayupan358.exblog.jp/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13057726/

パンのペリカン

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 14
  4. (Thu)
  5. 23:59
パンのペリカン(外観)
【外観】

パンのペリカン(食パン(1斤)¥290)
【食パン(1斤)¥290】

パンのペリカン(食パン(カット))
【食パン(カット)】

口コミの多さから見て取れるように浅草の名店です。

シンプルな入口を入ると左手にカウンター、右側にパン棚、奥にパン工房。

平日の12時半頃ふらっと立ち寄りましたが普通に食パンが買えました。1斤で¥290。

前回は予約なしでロールパンを買った覚えがあります。予約が無いと購入が難しいようですが・・・運が良かったのでしょうか。

普通の食パンと違ってミニサイズです。味は・・・皆さんが評価するほどの価値を見出せず

あまり印象に残りませんでした。普通に美味しかったです。

【住所】
東京都台東区寿4-7-4
【電話番号】
(TEL)03-3841-4686
(FAX)03-3841-7868
【営業時間】
8:00~17:00
【定休】
日・祝・特別休業日(夏・秋・年末・年始)
【HP】
http://www.bakerpelican.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003662/

レモンパイ

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 14
  4. (Thu)
  5. 17:06
レモンパイ(外観)
【外観】

レモンパイ(店内1)
【店内1】

レモンパイ(店内2)
【店内2】

レモンパイ(店内3)
【店内3】

レモンパイ(包装)
【包装】

レモンパイ(レモンパイ¥250)
【レモンパイ¥250】

レモンパイ(苺タルト¥380)
【苺タルト¥380】

エルマガジン「おやつ手帖」で見掛け、浅草に行く機会に立ち寄りました。テイクアウト専門のケーキ屋さんです。

2011年で開店30周年だそうです。店名にもなっているレモンパイ(ホール)は水・金・土曜日のみの販売。

12時オープンして間もなく行ったのですが狭い店内に先客が3組ほど。ショーケースのケーキはどれもミニサイズ。

その時はショーケースにレモンパイが無く、確認したところ大丈夫とのことでお金を払って取り置きして頂きました。

数時間後戻ってくると「○○様お待ちしておりました」と目を見てのとても丁寧な接客。

老舗にあぐらをかかない対応に感心。持ち帰ったのは「レモンパイ」と「苺タルト」。

レモンパイは上層が少し甘いメレンゲで不思議な食感、下のタルト生地は酸味と苦味のあるレモン味。

苺タルトは甘さやや控えめのクリームでタルト生地にショートケーキが乗っている感じ。

何故かわからないですがお母さんの味と表現してしまいます。優しさが伝わってくるケーキ屋さんだと思います。

【住所】
東京都台東区寿2-4-6
【電話番号】
03-3845-0581
【営業時間】
12:00~18:30
【定休】
日・月
【HP】
http://www.lemonnohana.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13008621/

洋食屋ヨシカミ

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 14
  4. (Thu)
  5. 00:35
洋食屋ヨシカミ(外観1)
【外観1】

洋食屋ヨシカミ(外観2)
【外観2】

洋食屋ヨシカミ(外観3)
【外観3】

洋食屋ヨシカミ(外観4)
【外観4】

洋食屋ヨシカミ(外観5)
【外観5】

洋食屋ヨシカミ(店内)
【店内】

洋食屋ヨシカミ(ハヤシライス¥1250)
【ハヤシライス¥1250】

浅草で食べ物を調べていると名前がよく挙がるお店です。行列が出来ると聞いて平日オープン30分前に着きましたが誰もおらず。

前で待つのも暇そうなので周辺で時間つぶし。オープン10分前に戻ってみると・・・30人ほど並んでいます!

やはり有名店なのですね・・・気を抜かず待っているべきでした。店内は結構広いようで第1回目に入れました。

テーブル席とオープンキッチンのカウンター席があります。テーブル席でも相席が当たり前。

全体的に値段が高いので比較的安めで人気の高い「ハヤシラス」を注文。

多くの方が注文するのもありほとんど待つことなく出て来ました。酸味があり肉の量は気持ち程度、タケノコが入っています。

口コミを見て期待値を下げていったので味はまぁこんなもんかという印象。

接客はフレンドリーで良かったです。カウンターだとオープンキッチンの迫力があり調理を見て楽しむことが出来ます。

店に入ってから出るまでの滞在時間は15分。サク飯にしてはかなり高い出費。

横でランチを頼んでいる方が居ましたが、かなり量が多めのようです。

【住所】
東京都台東区浅草1-41-4 六区ブロードウェイ
【電話番号】
03-3841-1802
【営業時間】
11:45~22:30(LO.22:00)
【定休】

【HP】
http://www.yoshikami.co.jp/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003654/

らーめん茂木

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 13
  4. (Wed)
  5. 00:43
らーめん茂木(外観)
【外観】

らーめん茂木(メニュー1)
【メニュー1】

らーめん茂木(メニュー2)
【メニュー2】

らーめん茂木(雲呑麺¥840)
【雲呑麺¥840】

雲呑麺がウリのようなので狙って行きました。外観は名店だとは思えない普通の街のラーメン屋。

おばあちゃんと呼んで良い年頃の女性がホールでキッチンには男性が居ました。ジャスミン茶が初めに出ます。

券売機は無いので口頭注文。お客さんは少ない割に待ち時間は長かったです。

濃厚そうなスープにネギ・海苔・チャーシュー・ワンタン5個が入っています。麺はやや縮れの柔らかめ。

ラーメンを出してもらった後、スープが上着に飛ばないようにとホールのおばあちゃんが避けてくれました。

優しくて可愛らしい感じの方で思わず和みます。

スープは何味というのか・・・とってもクリーミー、醤油とんこつでしょうか。

溶けそうな皮に包まれたワンタンは独特の臭みがあり私は少し苦手。味はしっかり付いています。

5個というのは結構なボリュームでした。チャーシューもあるのでかなりお腹が膨れます。

1組出ると1組入るという感じでコンスタントに人は入っていました。

味としては微妙ですがおばあちゃんの人柄が印象に残りました。

【住所】
東京都世田谷区太子堂2-13-1 佑和ビル1F
【電話番号】
03-3421-1769
【営業時間】
11:30~14:30
18:00~22:30
【定休】
日・祝
【HP】
http://foodpia.geocities.jp/ra_menmogi0141/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13001432/

ちもと

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 11
  4. (Mon)
  5. 13:38
ちもと(外観)
【外観】

ちもと(店内1)
【店内1】

ちもと(店内2)
【店内2】

ちもと(メニュー)
【メニュー】

ちもと(八雲もち・抹茶¥630)
【八雲もち・抹茶¥630】

ちもと(八雲もちアップ)
【八雲もちアップ】

夏のかき氷の時期は並んだりするようですが、夏以外は土日でも混雑せず普通に利用出来ます。

有名な「八雲もち」を目指して行きました。知らずに横を通っても入りにくい妙に綺麗な外観です。

イートインは少しだけ、4名×2・2名×1のテーブルのみ。シックな店内は普通の和菓子屋さんとは全然違います。

和菓子セットというのはお店の方でセレクトのようなのですが八雲もちで用意して頂きました。値段はそのまま。

抹茶の量はたぷたぷと多めで、その代わり少し薄いように感じました。

八雲もちは口コミ通りとっても柔らかく混ぜ込まれているカシューナッツがポイント。

お茶をしながらお店を観察しているとどんどんお客さんが入れ替わり立ち代わり、絶えることはありません。

意外と日持ちするので(確か5日間くらい)お土産に、家のお菓子としてとても喜ばれる品だと思います。

【住所】
東京都目黒区八雲1-4-6
【電話番号】
03-3718-4643
【営業時間】
10:00~19:00
【定休】

【HP】
なし
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13003218/

古無門

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 10
  4. (Sun)
  5. 00:58
古無門(外観1)
【外観1】

古無門(外観2)
【外観2】

古無門(外観3)
【外観3】

古無門(外観4)
【外観4】

古無門(外観5)
【外観5】

古無門(メニュー1)
【メニュー1】

古無門(メニュー2)
【メニュー2】

古無門(メニュー3)
【メニュー3】

古無門(メニュー4)
【メニュー4】

古無門(メニュー5)
【メニュー5】

古無門(メニュー6)
【メニュー6】

古無門(メニュー7)
【メニュー7】

古無門(メニュー8)
【メニュー8】

古無門(メニュー9)
【メニュー9】

古無門(海草とジャコのミネラルサラダ¥580)
【海草とジャコのミネラルサラダ¥580】

古無門(カルボナーラもんじゃ(焼く前)¥1200)
【カルボナーラもんじゃ(焼く前)¥1200】

古無門(カルボナーラもんじゃにセットのパン)
【カルボナーラもんじゃにセットのパン】

古無門(カルボナーラもんじゃ(出来上がり)¥1200)
【カルボナーラもんじゃ(出来上がり)¥1200】

古無門(古無門スペシャル天(焼く前)¥1000)
【古無門スペシャル天(焼く前)¥1000】

古無門(牛ハラミ元気焼(焼く前)¥980)
【牛ハラミ元気焼(焼く前)¥980】

仕事の関係で伺いました。周りは閑静な住宅街ですが店内に一歩入るとガヤガヤ賑わう別世界。

土日の夜は予約した方が良いと思います。10人くらい入口で待っていました。

幸い予約していたのですんなり席へ。タバコについて明言がありませんでしたが全面喫煙可能のようです。

呼び出しボタンがあるせいかメニューが決まってこちらから呼ばない限り注文は取ってもらえません。

まず注文したのは「海草とジャコのミネラルサラダ」。エノキが入りとろっとした和風ドレッシングが別添えになっています。

ジャコはカリカリしていてボリュームもありなかなかオススメです。

名前でパッと選んだのが「カルボナーラもんじゃ」。生地にはどっかりとクリームチーズが入ってカロリーは高そう。

生クリームと卵を途中で混ぜて焼き仕上げに粉チーズ、パンに付けて食べるとても変わった代物。

カルボナーラっぽい味はしませんが注文した中で一番美味しかったです。もんじゃなので出来上がりの見た目はイマイチですが・・・

画像はありませんが「定番焼きそば」を注文。かなり待ったので調理されてくるものかと思いきや一から自分で焼くスタイルでした。

「古無門スペシャル天」はこれといって目立つ食材もなくいわゆるミックスでもないお好み焼き。普通に美味しかったですが。

黒豚とメニューにありましたが焼いてみると脂身ばかりでほとんど溶けてしまい姿形が無くなってしまいました。

「牛ハラミ元気焼」は想像と違い、調理すると野菜炒めの風貌。メニュー名に元気焼とあるのでニンニクでも入っているのかと

思ったのですがそういうわけでもないようです。甘めのタレは美味しかったです。

全てテーブルにある鉄板で調理するので紙エプロンのサービスが欲しいと思いました。

トイレ近くにファブリーズとリセッシュがあるのは良いと思いましたが全身が油の匂いになることは避けられません。

接客もなかなか良いですし値段もそんなに高くないのでファミリーなど大人数での利用に良いと思います。

【住所】
東京都世田谷区弦巻4-14-1
【電話番号】
03-5451-8800
【営業時間】
11:30~23:00(LO.22:00)
【定休】
なし
【HP】
http://www.eight-8.co.jp/tonkatu/index.html
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13049346/

七つ海堂

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 04
  4. (Mon)
  5. 23:43
七つ海堂(外観1)
【外観1】

七つ海堂(外観2)
【外観2】

七つ海堂(メニュー看板1)
【メニュー看板1】

七つ海堂(メニュー看板2)
【メニュー看板2】

七つ海堂(店内)
【店内】

七つ海堂(メニュー1)
【メニュー1】

七つ海堂(メニュー2)
【メニュー2】

七つ海堂(メニュー3)
【メニュー3】

七つ海堂(メニュー4)
【メニュー4】

七つ海堂(焼きみそ¥360)
【焼きみそ¥360】

七つ海堂(粗挽きそば¥720・牛ごぼうごはん¥100)
【粗挽きそば¥720・牛ごぼうごはん¥100】

七つ海堂(そば湯)
【そば湯】

茶沢通りにあるとてもシンプルな外観の新しいそば屋さんです。内装もとてもシンプル。

席はカウンター5つとテーブルが4名×3でさほど広くはありません。ハキハキと話すお姉さんが出迎えてくれました。

粗挽きそば・ランチの炊き込みごはんセット・焼きみそを注文。出されたそば茶は温くて中途半端な温度。

最初に出て来たのは焼きみそ。柑橘系で爽やかに仕上げてあり、そばの実の粒々が美味しい。

箸でちまちま削りながら頂きます。粗挽きそばは太くて歯ごたえがありすごくもちもち。そばの粒々も見て取れます。

つゆはあまりオリジナリティが感じられず市販の物の味に近かったのが残念でした。

炊き込みごはんは牛ごぼうで味付けは程よく美味しかったです。お漬け物が薬っぽい味で妙なお味でした。

そば湯はティーポットに入って出され、さらさらしていて薄めです。

内装などはとても気に入りましたが料理の面ではまぁまぁ・・・といったところです。

【住所】
東京都世田谷区代沢4-42-8
【電話番号】
03-3795-7726
【営業時間】
12:00~14:00(LO)
17:30~21:00(LO)
12:00~14:30(LO)(土・日・祝)
17:00~20:00(LO)(土・日・祝)
【定休】
水・第1・3・5木
【HP】
なし
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131812/13008411/

菓子工房RESSOURCES

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 03
  4. (Sun)
  5. 00:41
菓子工房RESSOURCES(外観)
【外観】

菓子工房RESSOURCES(店内1)
【店内1】

菓子工房RESSOURCES(店内2)
【店内2】

菓子工房RESSOURCES(いちじくの紅茶赤ワイン煮タルト(1カット)¥280)
【いちじくの紅茶赤ワイン煮タルト(1カット)¥280】

菓子工房RESSOURCES(アルル(6枚)¥270)
【アルル(6枚)¥270】

小さな小さなテイクアウト専門のお菓子屋さん。

お向かいでは園児が沢山騒いでいたので幼稚園かと思ったのですが公園でした。東京タワーも大きく見えます。

週の半分ほどがお休みなので公式HPで営業案内を見てから行った方が良いでしょう。

15時頃でしたが焼き菓子の種類は豊富にあり、いちじくのタルトとアルルをお願いしました。

お会計中、物欲しそうに壁に飾ってあるものを見ていたら「今年の年賀状なんですけどよろしければお持ち下さい」

と可愛らしいシュークリーム写真のポストカードを頂いちゃいました☆心遣いがとても嬉しかったです。

いちじくのタルトは本当に一口サイズでとても小さい。生地はしっとり、いちじくの甘さがほんのり感じられます。

アルルは真ん中がキャラメリゼしたアーモンドになった薄く軽いお菓子です。

見た目も可愛いしアーモンドの香ばしさがたまらなく美味しかったです。

お値段はそれなりにしますがお店の雰囲気や可愛さを含めたら相応な気もします。

【住所】
東京都港区東麻布1-28-2
【電話番号】
(TEL&FAX)03-6424-5662
【営業時間】
12:00~20:00
【定休】
日・月・火・水
【HP】
http://www.rusurusu.com/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13049013/

A.R.I

  1. 2011.
  2. 04.
  3. 02
  4. (Sat)
  5. 00:32
A.R.I(外観1)
【外観1】

A.R.I(外観2)
【外観2】

A.R.I(店内)
【店内】

A.R.I(セットメニュー)
【セットメニュー】

A.R.I(バニラビーンズ・ホットコーヒー¥945)
【バニラビーンズ・ホットコーヒー¥945】

表参道の駅から1分ほどの良い立地です。ただし2Fなので通りすがりで入る人は少ないかもしれません。

入って左はレジとマフィン棚、右に焼き菓子が陳列してありその奥が小さなカフェスペースになっています。

2名×3とカウンター席が数席。カウンター席からは青山通りを見下ろすことが出来ます。

入口のところで注文して席で待つセルフ方式。お水もセルフになっています。

おやつの時間だったので15:00以降のマフィンとドリンクのセットを注文。メニューはとても見にくい・・・

マフィンはバニラビーンズ、ドリンクはホットコーヒーを選びました。コーヒーとエスプレッソ以外は少し高くなるようです。

コーヒーが先にサーブされました。大きなオリジナルマグカップに入っていて味は普通。

マフィンは結構大きめで外は砂糖が掛かってカリカリ、甘さが強いように感じました。

その時は歩き疲れていたので丁度良かったですけど普段なら甘すぎると思います。

誰かも書いていましたが接客はあまりよろしくありません。とても素っ気ない印象でした。せっかく可愛いお店なのに・・・

コストパフォーマンスも悪くこのセットで¥1000弱というのは高すぎです。

【住所】
東京都港区南青山5-9-21
【電話番号】
(TEL&FAX)03-5774-8847
【営業時間】
11:30~19:00(火~土)
12:00~18:00(日・祝)
【定休】
月・第1・3日
【HP】
http://www.ari.gs/
【食べログ】
http://r.tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13005358/

side menu

プロフィール

lapin rio

Author:lapin rio
カフェ巡りの好きなうさぎです

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。