おいしい ごはんめぐり

大阪・東京を中心としたグルメ巡り記です。

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍舞(りゅうのまい)

  1. 2012.
  2. 08.
  3. 31
  4. (Fri)
  5. 01:34
龍舞(外観1)
【外観1】

龍舞(外観2)
【外観2】

龍舞(メニュー)
【メニュー】

龍舞(辛みそら~めん¥800)
【辛みそら~めん¥800】

龍舞(とんこつら~めん¥700)
【とんこつら~めん¥700】

飲食店が密集するすずらん通りの中の1つ。見た目はチェーン店のようですがそうではない様子。

「辛みそら~めん」「とんこつら~めん」を注文。

辛みそは食べている内に段々辛くなってきます。具はネギ・コーン・メンマ・チャーシュー。

とんこつはとてもクリーミーでとんこつとは思えないお味。塩と言って出されても信じてしまいます。

太麺でむちむちとしています。具はネギ・ほうれん草・メンマ・チャーシュー・半熟たまご。

チャーシューに何かソースが掛かっているのですがよくわかりませんでした。

全体的にあまり印象に残りません。

【住所】
東京都世田谷区太子堂4-23-4
【電話番号】
03-3419-7890
【営業時間】
不明
【定休】
不明
【HP】
なし
【食べログ】
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13013777/
スポンサーサイト

えの木てい

  1. 2012.
  2. 08.
  3. 29
  4. (Wed)
  5. 01:02
えの木てい(外観1)
【外観1】

えの木てい(外観2)
【外観2】

えの木てい(外観3)
【外観3】

えの木てい(2F店内)
【2F店内】

えの木てい(メニュー1)
【メニュー1】

えの木てい(メニュー2)
【メニュー2】

えの木てい(メニュー3)
【メニュー3】

えの木てい(メニュー4)
【メニュー4】

えの木てい(メニュー5)
【メニュー5】

えの木てい(メニュー6)
【メニュー6】

えの木てい(メニュー7)
【メニュー7】

えの木てい(メニュー8)
【メニュー8】

えの木てい(メニュー9)
【メニュー9】

えの木てい(メニュー10)
【メニュー10】

えの木てい(メニュー11)
【メニュー11】

えの木てい(メニュー12)
【メニュー12】

えの木てい(メニュー13)
【メニュー13】

えの木てい(メニュー14)
【メニュー14】

えの木てい(メニュー15)
【メニュー15】

えの木てい(メニュー16)
【メニュー16】

えの木てい(ケーキセット¥1100(横浜港開港150周年記念スペシャル薔薇の香るスイートロールケーキ・紅茶))
【ケーキセット¥1100(横浜港開港150周年記念スペシャル薔薇の香るスイートロールケーキ・紅茶)】

えの木てい(ケーキセット¥1100(紅茶シフォンケーキ・紅茶))
【ケーキセット¥1100(紅茶シフォンケーキ・紅茶)】

えの木てい(チェリーサンド¥210)
【チェリーサンド¥210】

えの木てい(チェリーサンドショコラ¥230)
【チェリーサンドショコラ¥230】

えの木てい(マロンサンド¥220)
【マロンサンド¥220】

えの木てい(フロマージュサンド¥230)
【フロマージュサンド¥230】

横浜にある数ある洋館を喫茶にしたお店のうちの一つです。白と赤のコントラストがとても可愛いです。

節電を謳って店内があまりにも暗いのでテラスを利用することにしました。店員さんがやたらテンパっています。

注文を外まで取りに来てはきくれず、店内へ自ら注文しに行きお金は先払いでした。

ケーキセットを注文。薔薇のロールケーキはバラの香りは感じませんでしたがしっかりとした生地のロールケーキ。

紅茶シフォンは甘さ控えめで生クリームと相性が良いです。

良いお値段するのに紅茶はカップサービスでとてもぬるく残念。

隣ではいつまで経っても注文品が来ずに怒っている人も居ました。

テイクアウトのショーケースは2Fにあり、食べ終わってから見に行きました。

チェリーサンドなど4種類をテイクアウト。

「チェリーサンド」はクッキー地がとても甘くボリュームがあります。チェリーは気持ち程度しか入っていません。

「チェリーサンドショコラ」はチェリーサンドのチョコバージョン。クリームがむにょっとしてあまりチョコの味は濃くありません。

「マロンサンド」はほんのりマロン味のクリームサンド。

「フロマージュサンド」はチーズ好きには良いかもしれません。少ししょっぱいです。

【住所】
神奈川県横浜市中区山手町89-6
【電話番号】
045-623-2288
【営業時間】
11:00~19:00
【定休】

【HP】
http://www.enokitei.co.jp/
【食べログ】
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14000096/

きさらぎ亭

  1. 2012.
  2. 08.
  3. 26
  4. (Sun)
  5. 00:22
きさらぎ亭(外観1)
【外観1】

きさらぎ亭(外観2)
【外観2】

きさらぎ亭(メニュー1)
【メニュー1】

きさらぎ亭(メニュー2)
【メニュー2】

きさらぎ亭(すき焼き丼¥740)
【すき焼き丼¥740】

雑誌で見たすき焼き丼が美味しそうで行ってみました。

桜新町の駅の程近く、カウンターメインのザ・定食屋というお店。席は4名×2、カウンターが20席弱。

小汚い店内で働くのは学生さん?とても若い方が応対してくれました。料理は年季の入った方たちが作っています。

迷うことなく「すき焼き丼」を注文。麦茶が出されます。

セットで油揚げ・わかめ・三つ葉の入った薄めのお味噌汁、とってもしょっぱいお新香が付いています。

メインのすき焼き丼は大盛りと構えていましたが思ったほどでもなく。

ネギの煮込み具合は浅くてシャキシャキ、タケノコはしっかり味が染みて味が濃いです。

残念ながらご飯にほとんど味が染みていないので少し食べにくい。

クタクタくらいにしっかり煮込んだ具と汁の染みた丼が良かったです。

晩ご飯時、人がどんどん入れ替わり立ち代わる人気店のようです。

【住所】
東京都世田谷区桜新町1-19-14
【電話番号】
03-3426-1482
【営業時間】
11:30~1:30
【定休】

【HP】
なし
【食べログ】
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13013822/

MIRAYNE(ミレイネ)

  1. 2012.
  2. 08.
  3. 24
  4. (Fri)
  5. 01:00
MIRAYNE(外観1)
【外観】

MIRAYNE(店内1)
【店内1】

MIRAYNE(店内2)
【店内2】

MIRAYNE(メニュー)
【メニュー】

MIRAYNE(イングリッシュマフィン¥600・ソイラテ(ホット)¥550(セット-¥50))
【イングリッシュマフィン¥600・ソイラテ(ホット)¥550(セット-¥50)】

MIRAYNE(さくさくクッキー南瓜(12枚)¥350)
【さくさくクッキー南瓜(12枚)¥350】

綺麗な響きの店名。お子様の名前の一部を繋げて命名されたそうです。シンプルで可愛い佇まい。

入ってすぐのショーケースにクッキーやマフィンの焼き菓子があり、イートインでも先払いで注文します。

席はテラスに2名×2、店内に1名×1・2名×2。

「イングリッシュマフィン」と「ソイラテ(ホット)」を注文。マフィンとドリンクを一緒に頼むと-¥50になります。

マフィンはシンプルなものとバジルペーストが塗ってあるもので

添えられているサラダにはヨーグルトとバルサミコ酢が掛かっています。そして3種のデリ付き。

ソイラテは豆っぽさを感じずあわあわの優しいカフェラテ。

カトラリーも一つ一つが可愛らしくてとても素敵な時間が過ごせました。

テイクアウトした「さくさくクッキー南瓜」はしっかりカボチャの風味がしてとても美味しかったです。

【住所】
東京都渋谷区西原3-24-8 野口ビル1F
【電話番号】
03-6407-9331
【営業時間】
12:00~18:00(LO.17:30)
【定休】
なし
【HP】
http://www.ne.jp/asahi/mirayne/shop/
【食べログ】
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13108785/

BIEN-ETRE(ビヤンネートル)

  1. 2012.
  2. 08.
  3. 22
  4. (Wed)
  5. 00:39
BIEN-ETRE(外観1)
【外観1】

BIEN-ETRE(外観2)
【外観2】

BIEN-ETRE(外観3)
【外観3】

BIEN-ETRE(店内)
【店内】

BIEN-ETRE(苺とルバーブのタルト¥500・ホットティー¥400)
【苺とルバーブのタルト¥500・ホットティー¥400】

外観に惹かれ何度か横を通ってどんなお店か伺い、ついに入ってみました。

オープンキッチンで厨房の中は全員女性。テイクアウトのみかと思っていましたが2名×3席あるのでイートイン。

カウンターで注文して席に持ってきてもらう方法です。

「苺とルバーブのタルト」「ホットティー」を注文。セット割引などはありません。

とても可愛いタルトは生地がかなり甘いです。

紅茶はリーフが入っているのに時間が経っても渋くなりません。熱湯で淹れていないのでしょうか?

カップになみなみ3~4杯分あり、飲みきれないほどの量があります。

添えられたお砂糖は粉糖のような細かいもの。個人的にこういうお砂糖は好きです。

素敵な外観につられて入ってみましたが、あまり印象に残らないお店。

【住所】
東京都渋谷区上原1-21-10 上原坂の上21番館1F
【電話番号】
03-3467-1161
【営業時間】
11:00~22:00
【定休】
不定
【HP】
http://bien-etre-patisserie.com/
【食べログ】
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13113676/

JENSEN(イエンセン)

  1. 2012.
  2. 08.
  3. 20
  4. (Mon)
  5. 00:05
JENSEN(外観1)
【外観1】

JENSEN(外観2)
【外観2】

JENSEN(店内)
【店内】

JENSEN(ショコレーゼホーン¥230)
【ショコレーゼホーン¥230】

代々木上原に行くついでにと行ってみましたが代々木八幡が最寄り駅です。

以前通った時は街に昔からある普通のパン屋さんだと思って通り過ぎたのですが

何かの雑誌でデンマークパンのお店と読んで気になり伺いました。

とても昭和を感じさせる店内は名前を聞いたことがないパンばかり。

迷って迷って「ショコレーゼホーン」を購入。パッと見はチョココロネのような外観です。

甘みの少ない生地に甘さ控えめカスタードが入っており、半分だけチョコがけになっています。

かなり好みの味で値段と味の比例に納得しました。

【住所】
東京都渋谷区元代々木町4-3
【電話番号】
03-3465-7843
【営業時間】
6:50~19:00(月~金)
6:50~16:00(土)
【定休】
日・祝
【HP】
なし
【食べログ】
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13007309/

カタネカフェ

  1. 2012.
  2. 08.
  3. 17
  4. (Fri)
  5. 00:59
カタネカフェ(外観1)
【外観1】

カタネカフェ(外観2)
【外観2】

カタネカフェ(外観3)
【外観3】

カタネカフェ(1Fベーカリー店内1)
【1Fベーカリー店内1】

カタネカフェ(1Fベーカリー店内2)
【1Fベーカリー店内2】

カタネカフェ(1Fベーカリー店内3)
【1Fベーカリー店内3】

カタネカフェ(B1Fカフェ店内1)
【B1Fカフェ店内1】

カタネカフェ(B1Fカフェ店内2)
【B1Fカフェ店内2】

カタネカフェ(メニュー)
【メニュー】

カタネカフェ(パリの朝食¥650)
【パリの朝食¥650】

カタネカフェ(バニラ¥130)
【バニラ¥130】

カタネカフェ(小さいお食事パン(6個)¥210)
【小さなお食事パン(6個)¥210】

素敵なモーニングを提供しているお店との情報を元に10時頃伺いました。

代々木上原の住宅街を歩いて数分、テントに店名が無いので小さい看板を見逃さないようにしないと通り過ぎてしまいそうです。

グリーンの奥に小さなベーカリーがあり、地下がカフェとなっています。テーブルは2名×2、4名×1、6名×1。

シンプルで可愛い店内。外には緑もあるので落ち着いて過ごすことが出来ます。

パンの盛り合わせ「パリの朝食」を注文。ドリンクはティーオーレを選択。

パンはクロワッサンとパン・オ・ショコラが丸々1つずつ、甘いふわふわなパンのカット、フランスパンのカット。

フランスパンのみお替り自由だそうです。お持ち帰りは一切出来ないと注意を促されます。

添えられているのはバターと自家製っぽい苺ジャム。絞りたてであろう小さなグレープフルーツジュースも付きます。

パンはデニッシュ系がフルで2つもあるので味が飽き気味になりお腹も膨れます。

ティーオーレは優しい味。いわばミルクティーですが・・・。

パン好きには嬉しいセットですが、サンドイッチなりサラダなどが付いている方が飽きずに楽しめると思いました。

テイクアウトで「バニラ」「小さいお食事パン」を購入。

バニラはとても甘くて柔らかいパン。ちょっとクセになる味です。

小さいお食事パンはどんなお料理にも合うシンプルなプチパン。そのままでも美味しいです。

【住所】
東京都渋谷区西原1-7-5 B1F
【電話番号】
03-3466-9834
【営業時間】
7:30~18:00
【定休】
月・第1・3・5日
【HP】
http://www4.point.ne.jp/~katane/accueil.html
【食べログ】
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13043022/

正嗣(まさし) 宮島本店

  1. 2012.
  2. 08.
  3. 15
  4. (Wed)
  5. 00:51
正嗣(外観)
【外観】

正嗣(店内1)
【店内1】

正嗣(店内2)
【店内2】

正嗣(店内3)
【店内3】

正嗣(メニュー)
【メニュー】

正嗣(水餃子¥210)
【水餃子¥210】

正嗣(焼餃子¥210)
【焼餃子¥210】

近くにある「宇都宮みんみん 本店」とハシゴしました。

店内は狭くカウンターのみ、やはりラーメン店のような内装。

「餃子専門店」とあってご飯もビールも置いていません、本当に餃子のみのお店。

水餃子と焼餃子を1つずつ注文。小ぶりと記載されていましたがさほど小さく感じないサイズ。

直前に頂いたみんみんと比べてしまいますがこちらの方が味は濃いめ。

肉がほとんど感じられずとにかく野菜がたっぷりです。

お店の方は残念ながら愛想なし。頑固に餃子だけを作り続けている・・・という感じでした。

【住所】
栃木県宇都宮市馬場通り4-3-18
【電話番号】
028-622-7058
【営業時間】
12:00~20:00
【定休】
火(月2回)・水
【HP】
http://www.ucatv.ne.jp/ishop/masashi/
【食べログ】
http://tabelog.com/tochigi/A0901/A090101/9000046/

宇都宮みんみん 本店

  1. 2012.
  2. 08.
  3. 14
  4. (Tue)
  5. 00:33
宇都宮みんみん 本店(外観)
【外観】

宇都宮みんみん 本店(店内1)
【店内1】

宇都宮みんみん 本店(店内2)
【店内2】

宇都宮みんみん 本店(メニュー)
【メニュー】

宇都宮みんみん 本店(焼餃子¥240)
【焼餃子¥240】

宇都宮みんみん 本店(揚餃子¥240)
【揚餃子¥240】

宇都宮みんみん 本店(水餃子¥240)
【水餃子¥240】

宇都宮みんみん 本店(ライス¥100)
【ライス¥100】

宇都宮の人気店の本店ということで並ぶ覚悟で行きましたが平日の13時頃、全く並ばず余裕で入れました。

内装はラーメン店のよう。スタッフの方は男性ばかりでした。

焼餃子・揚餃子・水餃子それぞれとライスを注文。

最初に焼餃子と揚餃子がサーブされます。野菜メインでとてもあっさり。

焼餃子は軽い焼き色。揚餃子は良い意味で粉っぽくザクザクしています。水餃子は水分を含んで大きい。

ライスには白菜のお漬け物付き。

こういうお店は餃子の街だけでなく、普通にあると手軽に利用できて良いのにと思います。

【住所】
栃木県宇都宮市馬場通り4-2-3
【電話番号】
028-622-5789
【営業時間】
11:30~20:00
【定休】

【HP】
http://www.minmin.co.jp/
【食べログ】
http://tabelog.com/tochigi/A0901/A090101/9000045/

とんがらし

  1. 2012.
  2. 08.
  3. 12
  4. (Sun)
  5. 01:00
とんがらし(外観)
【外観】

とんがらし(メニュー)
【メニュー】

とんがらし(チキントマトバタースペシャル¥900)
【チキントマトバタースペシャル¥900】

狭いカウンター7席のみの小さなお店です。

名前がとても気になる「チキントマトバタースペシャル」を注文。

サフランライスはサービスで大盛りにも出来ます。

チラっと横を見ると大盛りの方が居たのですが、2倍量ありすごい量でした・・・。

チキンライス型で型取られたご飯は大盛りにせずとも十分に量があります。

カレーはチキンもトマトも完全に溶け込んでいて発見できません。松の実が沢山入っています。

これはカレー?という感じ。少し辛いスープのような感覚。

食後には愛玉子(オーギョーチー)が付いてきます。

寒天は無味ではちみつレモンジュースのようなものが掛かっています。

あまりカレーを食べた感覚になりませんでした。

【住所】
東京都世田谷区三軒茶屋1-41-12
【電話番号】
03-3487-1401
【営業時間】
12:00~22:00(LO:21:30)
【定休】

【HP】
なし
【食べログ】
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131706/13012653/

Cafe KOTO

  1. 2012.
  2. 08.
  3. 07
  4. (Tue)
  5. 01:12
Cafe KOTO(外観1)
【外観1】

Cafe KOTO(外観2)
【外観2】

Cafe KOTO(外観3)
【外観3】

Cafe KOTO(外観4)
【外観4】

Cafe KOTO(外観5)
【外観5】

Cafe KOTO(外観6)
【外観6】

Cafe KOTO(店内1)
【店内1】

Cafe KOTO(店内2)
【店内2】

Cafe KOTO(メニュー1)
【メニュー1】

Cafe KOTO(メニュー2)
【メニュー2】

Cafe KOTO(メニュー3)
【メニュー3】

Cafe KOTO(メニュー4)
【メニュー4】

Cafe KOTO(メニュー5)
【メニュー5】

Cafe KOTO(週替りランチ¥950)
【週替りランチ¥950】

Cafe KOTO(KOTOランチ¥950)
【KOTOランチ¥950】

Cafe KOTO(KOTOタルト¥530)
【KOTOタルト¥530】

Cafe KOTO(いちごのショートケーキ¥530)
【いちごのショートケーキ¥530】

HNと同じなので前から気になっていました。新幹線の京都駅構内にあるカフェです。

期待はしていませんでしたが思った通り普通の駅中喫茶店。店内奥がガラスで仕切られた喫煙、手前が禁煙となっています。

週替りランチとKOTOランチを注文しましたがほぼ同じ見た目。

週替りの方はデミソースのかかったチキンカツ、KOTOランチはハンバーグの違い。

彩りキッシュと書いてありますがどう見ても卵焼きです。

接客も雑な感じで非常に残念。「KOTOタルト」や「KOTOブレンド」と名前が気になりますが・・・再訪する気になりません。

テイクアウトで「KOTOタルト」「いちごのショートケーキ」を購入。

KOTOタルトは上層がカスタードのシブースト、下層は栗入り抹茶のブリュレ。大きくて不思議な味です。

いちごのショートケーキは普通。値段が高すぎます。

【住所】
京都府京都市下京区東塩小路高倉町8-3 JR京都駅2F 新幹線改札内
【電話番号】
075-692-2203
【営業時間】
7:00~21:00
【定休】
なし
【HP】
http://www.asty-kyoto.co.jp/kyoto/detail4.html
【食べログ】
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26016387/

side menu

プロフィール

lapin rio

Author:lapin rio
カフェ巡りの好きなうさぎです

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

OTHERS

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:decorative-2column

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。